環境・経済等に配慮した森林管理の取組み ~森林認証制度活用について~

更新日:2019年03月01日

中遠地区でのFSC登録商標森林認証への取組みについて

森町では、環境・経済等に配慮された適切な森林管理を目的として、森町森林組合、掛川市森林組合、掛川市及び静岡県中遠農林事務所と連携し、森林認証の取得及び普及を進めています。

県内では初めての行政境を越えた森林認証の取得であり、平成29年3月22日に森町内で約660ヘクタールの山林について、FSC-FM規格の森林認証林となりました。

平成29年3月24日にFSC森林認証取得の伝達式が開催され、審査員よりFSC森林認証の登録証を受理しました。

(ライセンス番号:FSC登録商標C132110、有効期限:平成34年3月21日)

FSC森林認証伝達式の集合写真

【写真】FSC森林認証伝達式

FSC森林認証伝達式の様子

1.森林認証制度とは…?

環境や経済を両立させた適切な森林管理かどうかを第三者機関が審査し、認証をする制度のことです。

主に2つの森林認証の制度がありますが、森町内ではFSC(Forest Stewardship Council登録商標の略)認証の取得となっています。

森林認証制度は、違法伐採等を防ぐことや継続可能な森林管理を目的として創設されており、認証を受けることで世界基準の森林管理であることが認められます。

森林認証は、山側を管理する側が取得するFM認証と製材・木材流通側が取得するCOC認証の2種類があります。

FSC認証森林から生産された木材・木製品にはロゴマークを付けて流通させることができ、消費者の選択的な購買を通じて適切な森林管理を支援することができます。

大日山団地の登山道の写真

【写真】FSC森林認証を取得した大日山団地

大日山団地の木々の写真
FSC森林認証登録証の画像

【写真】FSC森林認証登録証

FSC認証 広告宣伝用マーク画像

【参考】FSC認証 広告宣伝用マーク

2.中遠地区の取組みについて

中遠地区では、FSC認証を管理する団体である「遠州森林認証グループ」を設立して、森町・掛川市内の森林を広域的に管理しています。

今後は町有林等を含め、FSC森林認証面積を拡大していくとともに、FSC認証制度を活用した持続的な森林経営や地域林業の発展を目指していきます。

遠州森林認証グループ行動方針書の画像

【写真】遠州森林認証グループ行動方針書

「遠州森林認証グループ」構成員

平成29年7月7日現在
サイト名 管理者名 認証面積(ヘクタール)
掛川サイト 掛川市森林組合
代表理事組合長 榛村 航一
認証管理責任者
 440.64
森サイト 森町森林組合
代表理事組合長 甚沢 万之助
副認証管理責任者
442.74
県営林サイト 静岡県 中遠農林事務所
所長 松本 智加良
 222.78
市有林サイト 掛川市
市長 松井 三郎
 0
町有林サイト 森町
町長 太田 康雄
 0

【参考】遠州森林認証グループのグループマニュアル等

関連記事

このページに関する
お問い合わせ先Inquiry

産業課 林政係

〒437-0293
静岡県周智郡森町森2101-1
電話番号:0538-85-6317
メールでのお問い合わせはこちら