【令和2年度】同報無線による町長からのお知らせ

更新日:2020年07月01日

令和2年7月のお知らせ

20200701morimachi

おはようございます。町長の太田です。

今月は、6月議会でお認めいただいた補正予算の主な事業について、新型コロナウイルス感染症の森町の対応について、特別定額給付金についてお知らせします。

最初に、森町議会6月定例会でお認めいただいた、一般会計補正予算の主な事業をお知らせします。

まず、つながる森町学生応援定期便事業についてです。

この事業は、新型コロナウイルスの影響によって、アルバイトができず、生活費の確保が困難な、県外に住む森町出身の学生を支援するために、森町のお茶、お米、メロン、治郎柿、レタス、和菓子を定期的に送る事業です。

町の特産品の魅力を再認識してもらうとともに、将来はふるさとに帰ってきてもらうことにつながればと願います。

同時に、特産品の消費喚起に対しても、効果があると考えています。

申し込みは7月15日から、先着50名です。

くわしくは、7月1日の回覧やホームページ、今月号の広報もりまちをご覧ください。

次に、町内小中学校の児童生徒に一人1台端末を整備する情報機器整備事業についてです。

文部科学省の「GIGAスクール構想」により、ICTを活用した情報教育を実現するため、令和5年度までに児童生徒一人1台ずつ端末を整備する計画ですが、新型コロナウイルス感染症対策で学校を長期休業した際の対応として、今年度末までに前倒しで整備するものです。

続いて、幼稚園、小中学校のトイレ洋式化についてです。

新型コロナウイルス感染症への対応として、便器の排水に伴う細菌類の飛散を防止するために、和式トイレを洋式トイレに改修します。

これにより、町内幼稚園、小中学校のトイレは、およそ70パーセントが洋式になります。

次に、新型コロナウイルス感染症の森町の対応についてです。

静岡県では、新型コロナウイルスの感染状況が現在どの程度の警戒レベルにあるか、そのレベルではどういう行動制限が必要か、を判断する「ふじのくにシステム」を導入しています。

町では、この「ふじのくにシステム」と町有施設の利用制限をまとめた「静岡県発表『6段階警戒レベルとレベル毎の行動制限』と町有施設の利用(目安)について」を作成し、各ご家庭に配布しました。

県では毎週金曜日に警戒レベルを更新しますので、今後の行動の目安として活用してください。

最後に、特別定額給付金についてお知らせします。

森町では5月22日から受付を始め、6月30日現在、全体の95%以上の世帯に支給をしました。

申請期限は8月22日までとなっておりますので、まだ申請をされていない方は忘れずに申請してください。

不明な点は、専用回線 85-3000 または、総務課までお問い合わせください。

町民の皆様には、新型コロナウイルス感染症予防に、ご理解、ご協力をいただいておりますことに心から感謝申し上げます。

引き続き、三つの密を避け、人と人との距離の確保、マスクの着用、手洗いなどの感染予防をする新しい生活様式を徹底し、感染予防に努めていただくとともに、暑さが厳しい季節を迎えますので、熱中症にも十分お気をつけください。

令和2年6月のお知らせ

20200601morimachi

おはようございます。町長の太田です。

今月は、新型コロナウイルス感染拡大防止対策についてと、特別定額給付金について、お知らせします。

はじめに、新型コロナウイルス感染拡大防止対策についてです。
町民の皆様には、新型コロナウイルス感染拡大防止にご理解、ご協力をいただいておりますことに心から感謝申し上げます。
最初に、国が全都道府県において緊急事態措置を解除したことを受け、5月27日に開催した森町新型コロナウイルス対策会議で決定した町の対応方針について、お知らせします。

イベント・会議等の対応については、6月1日から比較的少人数の小規模なイベントや会議等は、感染防止策を講じた上で開催を可能とします。
公共施設は、利用人数や利用時間の制限などの感染対策を講じた上で、次のように再開します。
森町総合体育館アリーナ及びトレーニング室、町内各小中学校の体育館は6月1日から再開、町立図書館は6月2日から閲覧・視聴覚席の利用を再開、文化会館大ホールは6月2日から、100人程度の利用に限り、再開します。
詳しくは、町のホームページでご確認いただくか、各施設までお問い合せください。
続いて、町内事業者に対する感染防止対策支援事業についてです。
町では、町内で事業所や店舗を営む中小事業者、個人事業者、農林業者に対し、地域経済活動を支援するため、新型コロナウィルス感染予防対策に係る経費の一部を補助します。
交付額は、対象経費の1/2で、最大10万円です。

詳しくは役場産業課にお問い合わせいただくか、町のホームページ、6月15日発行の広報もりまちや町内回覧をご覧ください。
全国の緊急事態措置は解除されましたが、5月29日に静岡県が公表した県内の感染状況は、6段階の警戒レベル中、警戒レベル3(県内注意、県外警戒)で、6月18日までの間は、北海道と首都圏4都県への不要不急の移動は避ける、県内の移動であってもマスクを着用する、などが求められています。
また、日常生活においても三つの密を避けるとともに、人と人との距離の確保、マスクの着用、手洗いなどの感染予防をする新しい生活様式の定着をお願いします。


次に、特別定額給付金についてお知らせします。
町では、現在、一人10万円を給付する特別定額給付金事業を進めています。
5月22日から受付を始め、5月29日現在、全体の73.5%にあたる4,893件の申請書が提出されています。
5月29日に第1回目として全世帯の5%にあたる334世帯、1,058人に振込をしました。
第2回目の振込は6月5日、以降毎週金曜日に振込を予定していますが、現在多くの申請書が集中して提出されており、その確認作業を進めています。

受付から給付まで、早くても2週間程度の日数を要しています。

3週間程度かかる場合もありますので、ご承知おきください。
今後も、迅速かつ正確に進めていきますので、給付まで今しばらくお待ちいただきたいと思います。
また、振込をする前には、支給決定通知書を郵送しますので、振込日や口座等のご確認をお願いします。
なお、申請していただいたにも関わらず、書類の不足や記載漏れなどで受付できない場合もあります。

その際はご連絡しますので、早めの対応をお願いします。
ご不明な点につきましては、専用回線 85-3000にお電話いただくか、役場町民生活センター1階の受付コーナーをご利用ください。


また、特別定額給付金を悪用した特殊詐欺も全国的に発生していますので、十分に気をつけてください。

万が一、不審な電話等があった場合には、役場や警察署に連絡してくださるよう、お願いします。
新型コロナウィルスの感染が一刻も早く収束することを祈るとともに、特別定額給付金が無事皆様のもとに給付され、皆様の生活支援と地域経済活性化のために有意義に活用されることを願っています。

令和2年5月のお知らせ

20200501morimachi

おはようございます。町長の太田です。

今月は、新型コロナウイルス感染拡大防止のお願い、特別定額給付金について、今年の新茶について、「森町アットホームプロジェクト」についてお知らせします。

町民の皆様には、新型コロナウイルス感染拡大防止に、ご理解とご協力をいただいておりますことに心から感謝申し上げます。

4月下旬からゴールデンウィークを迎えていますが、全国への緊急事態宣言が発令されている中、引き続き、不要不急の移動は自粛し、可能な限り外出や帰省を控えて、人との接触を避けていただきますようお願いします。

なお、森町の対応については、改定の都度、町のホームページなどでお知らせしていきますので、ご確認ください。

次に、特別定額給付金についてお知らせします。

国の2020年度補正予算が成立したことを受け、感染拡大防止に留意しつつ、迅速かつ的確に家計への支援を行うため、一人10万円を給付する特別定額給付金事業を実施します。

給付対象者は基準日である令和2年4月27日に、住民基本台帳に記録されている町民で、世帯主が申請者となります。

申請につきましては、感染拡大防止の観点から、基本的に郵送及びオンライン申請となり、給付は申請者の本人名義の口座への振り込みとなります。

森町では、今月29日の支給開始をめざし、現在事務作業を進めています。今月20日頃に申請書類を郵送しますので、申請書に必要事項を記入の上、必要書類等を添えて、返送してください。まずは、書類がお手元に届くまでお待ちいただきますよう、お願いします。

また、特別定額給付金を悪用した特殊詐欺も発生していますので、十分に気をつけていただき、不審な電話等があった場合には役場や警察署に連絡してくださるよう、お願いします。

なお、本日付で説明文書を回覧しますので、ご覧ください。

次に、今年の森の新茶についてです。

4月21日に遠州森の茶初取引が行われ、今年の新茶シーズンがスタートしました。

今年は新型コロナウイルスの感染拡大により、例年と違う新茶シーズンとなっていますが、いつも通りのおいしい新茶が生産されています。緑茶は免疫力向上に効果があるといわれています。皆さんも、新茶を急須で淹れ、季節の味わいを楽しみながら、感染予防に努めてはいかがでしょうか。また、お知り合いなどへの季節のご挨拶としても、ぜひお使いください。

最後に、森町商工会では「森町アットホームプロジェクト」として、テイクアウトや宅配を実施している町内の飲食店を紹介しています。詳しくは商工会ホームページやチラシをご覧ください。外出自粛や飲食店の休業で外食の機会が減っている中、ご家庭で利用してみてはいかがでしょうか。

風薫るさわやかな季節になりましたが、今年はできる限りご自宅で過ごしていただきますよう、重ねてお願いします。

我慢の日々が続きますが、みんなで心をひとつにして、この危機を乗り越えましょう。

令和2年4月のお知らせ

太田康雄森町長の写真(Youtube「今月の町政(森町)令和2年4月」へのリンク)」

おはようございます。町長の太田です。

今日から、新年度が始まりました。今年度も「住む人も訪れる人も心和らぐ森町」の実現に向け、町政運営を推進してまいりますので、皆さまのご支援、ご協力をお願いいたします。

今月は、新型コロナウィルスの感染拡大防止について、森町議会3月定例会の審議結果について、4月1日付けの人事異動について、お知らせします。

まず、新型コロナウィルスの感染拡大防止についてです。

新型コロナウイルスの感染が拡大し、先行き不透明な状況が続いています。

森町でも、感染拡大防止のため引き続きイベントや会議等の中止または延期や、公共施設の休館などを実施していますので、皆さんのご理解とご協力をお願いします。

小学校、中学校は7日に入学式、幼稚園は9日に入園式を行い、それぞれ登校、登園を再開します。

なお、森町の対応と感染防止について、1日付の回覧で各ご家庭に配布しますので、ご確認ください。

 次に、森町議会3月定例会の審議結果についてです。

 3月定例会では、一般会計などの令和2年度当初予算や補正予算、条例改正など、提案した41の議案をすべて原案のとおりお認めいただきました。

今年度は、来たるべき「Society 5.0時代」に備え、インフラの根幹となる光回線の整備や、GIGAスクール構想推進のための学校ネットワーク整備を実施するとともに、保健福祉センターや文化会館などの公共施設や、道路や橋梁などの長寿命化を図って機能を維持し、さらには河川の浚渫や町道新田赤松線の整備促進に取り組むことで安心安全なまちづくりを進めます。

私も町長として、3月10日より2期目の任期に入りましたので、これまでの施策をさらに展開しながら、新たな事業に取り組み、人・自然・歴史を次代につなぐべく、「心和らぐまちづくり」のスタートの年とします。

次に、令和2年4月1日付けの人事異動についてです。

役場職員では、3月末で7名の退職者があり、今年度は10名を新規採用しました。今回の異動は、重点的に事業を進める企業誘致、学校統合、新田赤松線整備促進に対応し、適材適所の配置を基本として、スムーズな業務運営を見据えた人事配置としました。

また、地域おこし協力隊1名を新たに委嘱し、2名体制となります。

森町消防団では、中嶋副団長をはじめ55名が満期退団され、新たに62名が入団されました。今月上旬に予定していました入退団式は、6月6日に延期となりましたが、山本団長の下、新たな体制で森町消防団がスタートしました。

春うららかな季節を迎えましたが、新型コロナウイルスの感染予防のため、イベントや外出の自粛をお願いしています。

1日も早く不安や危険が解消されるよう、新型コロナウィルスの終息を心から祈念いたします。

皆さんも、感染防止に細心の注意をはらい、健やかにお過ごしください。

 

関連記事

このページに関する
お問い合わせ先Inquiry

企画財政課 広報統計係

〒437-0293
静岡県周智郡森町森2101-1
電話番号:0538-85-6306
メールでのお問い合わせはこちら