不妊治療費助成事業

更新日:2021年08月30日

森町は、少子化対策の一環として、医療保険が適用されない不妊治療を行っているご夫婦の経済的負担を軽減するため、治療費の一部を助成しています。不妊治療費助成事業には2種類あります。ひとつめは、体外授精または顕微授精治療を実施されたご夫婦を対象とした「特定不妊治療費助成事業」です。ふたつめは、人工授精または不育症治療を実施されたご夫婦を対象とした「一般不妊治療(人工授精)費等助成事業」です。

(1)特定不妊治療費助成事業

対象者

  • 法律上婚姻している夫婦又は事実上婚姻関係と同様の状態である方
  • 助成を受ける治療開始時の妻の年齢が43歳未満
  • 申請時点で、夫又は妻のどちらかが森町に居住していること
  • 体外授精及び顕微授精以外の治療法では、妊娠の見込がないか、又は極めて少ないと医師に診断された方
  • 静岡県特定不妊治療費補助金の交付を受けることが確定していること
  • 町税等を滞納していないこと

助成内容

静岡県の補助を受けた分を差し引いて、1回の特定不妊治療につき10万円を上限として助成します。

男性不妊治療を行った場合は、男性不妊治療費から県の補助金を差し引いて、10万円を上限に追加助成します。

助成回数

助成を受ける際の治療開始時の年齢によって、助成を受けられる回数が変わります。

  • 40歳未満の方 6回まで
  • 40歳以上43歳未満の方    3回まで

申請時期

静岡県特定不妊治療費補助金の確定通知書を受け取ってから30日以内に申請してください。

静岡県への申請については、西部健康福祉センター(中遠総合庁舎内)にお問い合わせください。

申請に必要なもの

静岡県特定不妊治療費助成制度申請書類と重なりますので、下記のイ、オの書類については、コピーをとっておいてください。

  • ア:特定不妊治療費助成交付申請書
  • イ:静岡県に提出した特定不妊治療受診等証明書の写し
  • ウ:静岡県発行の特定不妊治療費補助金交付確定通知書
  • エ:特定不妊治療を受けた指定医療機関発行の領収書
  • オ:夫及び妻の戸籍謄本又は戸籍全部事項証明書の写し
  • カ:事実婚関係に関する申立書(事実婚を条件に申請する場合)
  • キ:印鑑(スタンプ式不可)

審査・支払い

申請後、決定か否かを審査し、結果を通知します。(申請から約1か月程度かかります。)

1か月以内に記入された口座に振り込みます。

(2)一般不妊治療(人工授精)費助成事業

1.人工授精

対象者

  • 法律上婚姻している夫婦
  • 夫または妻のどちらかが、申請日に森町に居住していること
  • 助成に係る治療期間の初日における妻の年齢が40歳未満の者
  • 夫と妻の合計所得額が730万円未満
  • 町税等を滞納していないこと

助成対象となる治療

保険適用外の人工授精治療

助成対象期間

  • 原則、助成を開始した診療日の属する月から継続する24か月まで
  • ただし、次に該当する場合は、助成対象期間を延長又は再設置します。
    • ア:医師の判断に基づき、やむを得ず治療を中断した場合、当該中断期間のうち助成のなかった月数以内で、助成期間を延長します。
    • イ:この助成事業による助成金の交付を受けた夫婦が出産し、その後更に次の妊娠を希望するために人工授精を行う場合、助成期間はそこから再び 24か月間設置します。

助成金額

  • 治療費の本人負担額の10分の7で、1夫婦につき6万3千円を上限に助成します。(1円未満は切り上げ)
  • ただし、医療保険者等から人工授精に関する任意の給付が行われる場合は、その額を本人負担額から控除します。

申請時期

原則、不妊治療を受けた日の属する年度の末日までに申請してください。

ただし、1月~3月までの間に不妊治療を受けた場合は、その年度の最終日から90日以内までに申請することができます。

申請に必要なもの

  • ア:森町一般不妊治療(人工授精)費等助成金交付申請書(様式第1号の1)
  • イ:森町一般不妊治療(人工授精)費等助成事業に関する同意書(様式第1号の2)
  • ウ:森町一般不妊治療(人工授精)費等助成事業受診等証明書(様式第2号)
  • エ:人工授精治療を受けた医療機関の領収書
  • オ:夫及び妻の戸籍謄本又は戸籍全部事項証明書
  • カ:夫及び妻の前年(申請日が1月から5月までの間にある場合にあっては、前々年)の所得証明書
    ※町で所得の確認ができない転入者のみ
  • キ:印鑑(スタンプ式不可)
  • ク:夫及び妻の健康保険証

2.不育症

対象者

  • 法律上婚姻している夫婦
  • 夫または妻のどちらかが、申請日に森町に居住していること
  • 助成に係る治療期間の初日における妻の年齢が43歳未満の者
  • 夫と妻の合計所得額が730万円未満
  • 町税等を滞納していないこと

助成対象となる治療

平成29年4月1日以降に治療した、保険適用外の不育症治療

  • 検査:抗リン脂質抗体検査、血液凝固因子検査、夫婦染色体検査、絨毛染色体検査
  • 治療:ヘパリン療法、低用量アスピリン療法

助成対象期間

  • 原則、助成を開始した診療日の属する月から継続する24か月まで
  • ただし、次に該当する場合は、助成対象期間を延長又は再設置します。
    • ア:医師の判断に基づき、やむを得ず治療を中断した場合、当該中断期間のうち助成のなかった月数以内で、助成期間を延長します。
    • イ:この助成事業による助成金の交付を受けた夫婦が出産し、その後更に次の妊娠を希望するために不育症治療を行う場合、助成期間はそこから再び 24か月間設置します。

助成金額

  • 治療費の本人負担額の10分の7で、24万1,500円を上限に助成します。(1円未満は切り捨て)
  • ただし、医療保険者等から不育症に関する任意の給付が行われる場合は、その額を本人負担額から控除します。

申請時期

原則、不育症治療を受けた日の属する年度の末日までに申請してください。

ただし、1月~3月までの間に不妊治療を受けた場合は、その年度の最終日から90日以内までに申請することができます。

申請に必要なもの

  • ア:森町一般不妊治療(人工授精)費等助成金交付申請書(様式第1号の1)
  • イ:森町一般不妊治療(人工授精)費等助成事業に関する同意書(様式第1号の2)
  • ウ:森町不育症治療費助成事業受診等証明書(様式第3号)
  • エ:不育症治療を受けた医療機関の領収書
  • オ:夫及び妻の戸籍謄本又は戸籍全部事項証明書
  • カ:夫及び妻の前年(申請日が1月から5月までの間にある場合にあっては、前々年)の所得証明書
    ※町で確認ができない転入者のみ
  • キ:印鑑(スタンプ式不可)
  • ク:夫及び妻の健康保険証

地図

申請窓口

このページに関する
お問い合わせ先Inquiry

保健福祉課 保健係

〒437-0215
静岡県周智郡森町森50-1
電話番号:0538-85-6330
メールでのお問い合わせはこちら