風しんの追加的対策事業はじまりました!

更新日:2019年08月29日

風しんは、発熱及び発しんを主な症状とし、飛沫感染により人から人へ感染し、感染力の強い疾病です。妊娠中の女性が風しんに感染すると、子どもに眼や耳等の障害を含む先天性風しん症候群が生じる可能性があります。

風しんの予防接種は、現在、予防接種法に基づき公的に行われています。しかし、公的な接種を受ける機会がなかった昭和37年4月2日から昭和54年4月1日の間に生まれの男性は、風しんの抗体保有率が他の年代に比べて低くなっています。

そのため、昭和37年4月2日から昭和54年4月1日までの間に生まれた男性を追加的風しん対策の対象者とし、クーポン券をお届けします。

対象者の方は、お届けするクーポン券を利用して、まず風しん抗体検査を受けましょう。

抗体検査の結果、十分な量の抗体がない方は、風しんの定期接種の対象となります。

対象者

検査日に森町に住民登録がある

昭和37(1962)年4月2日から昭和54(1979)年4月1日までの間に生まれた男性

令和元年度クーポン券発送対象者~7月中旬に郵送しました~

昭和47年4月2日から昭和54年4月1日までの間に生まれた男性

令和元年度発送対象者以外の方(昭和37年4月2日~昭和47年4月1日の間に生まれた男性)には、クーポン券が届きません。今年度受診を希望される方は、役場保健福祉課にお申し込みください。

期間

令和4年3月31日までの3年間

ただし、クーポン券は、年度ごとの配布となります。

 

令和元年度配布クーポン券有効期限

抗体検査 令和2年2月末日

予防接種 令和2年3月末日 までにお受けください!

抗体検査・予防接種までの流れ

1.クーポン券の受取

2.抗体検査の受診

風しん追加的対策事業に参加している医療機関でお受けください。

事業所健診や特定健診の機会に、その場で受ける場合は、勤務先の企業や町保健福祉課にお問い合わせください。

3.抗体検査の結果、十分な抗体がなかった場合、予防接種の接種

*抗体検査の結果、十分な抗体検査がある場合は、予防接種を受ける必要はありません

風しんの第5期定期予防接種

昭和37年4月2日から昭和54年4月1日生まれの男性で、風しん抗体検査の結果、十分な量の抗体がないことが判明し、風しんの予防接種を行う必要があると認められた方に対し、1回接種します。

使用するワクチンは、原則、乾燥弱毒生麻しん風しん混合ワクチン(MRワクチン)を接種します。

事前に予約が必要となりますので、医療機関に予約の上、受診をお願いします。

なお、風しんの第5期定期接種を行う際には、事前に「風しんの第5期定期予防接種の対象となられた方へ」をお読みの上、受診してください。

費用

原則無料

風しんの追加的対策事業の対象となる方で、森町が発行するクーポン券を使用せずに、風しん抗体検査及び予防接種を受けた方に、費用を助成します。

対象

令和7月1日から令和4年3月31日までに風しん抗体検査及び予防接種を受けた費用

助成額

実際に支払った金額(検査方法や検査時間により費用が違います。)と次に定める金額のいずれかの少ない額

1.風しん抗体検査    7,502円

2.風しん予防接種 10,417円

申請に必要な書類

1.抗体検査等費用助成申請書

2.未使用のクーポン券

3.抗体検査等に係る実施機関が発行した領収書

4.風しん抗体検査の結果がわかる書類(風しん抗体検査の結果、十分な抗体があり予防接種が必要でないと認められる場合は、予防接種の助成はできません。)

5.予防接種を受けた際に実施機関から発行された接種済証

6.認印

7.振込先が確認できる通帳(申請者名義のもの)

申請期間

風しん抗体検査等を受けた日の属する年度の末日までに申請してください。

期限を過ぎた場合、申請できませんのでご注意ください。

 

 

実施医療機関

実施が可能な医療機関は、厚生労働省ホームページにて、ご確認ください。

予約が必要な場合がありますので、事前に希望の医療機関にお問い合わせください。

このページに関する
お問い合わせ先Inquiry

保健福祉課 保健係

〒437-0215
静岡県周智郡森町森50-1
電話番号:0538-85-6330
メールでのお問い合わせはこちら