新型コロナウイルスの静岡県の警戒レベルの引き上げについて

更新日:2020年11月30日

       新型コロナウイルスの静岡県の警戒レベルの引き上げについて

  県内の新型コロナウイルス感染者の増加に伴い、県は、27日、感染流行期を「感染まん延期・前期」から「感染まん延期・中期」に引き上げました。特に、クラスターの発生により、感染者数が圧倒的に増加し、医療提供体制の逼迫が懸念される静岡市、浜松市の警戒レベルを特別警戒相当にしました。併せて、県内全域において、11月27日から12月20日までの約3週間を集中対策期間としました。
感染防止対策は、お一人お一人の行動にかかっています。感染リスクを減らすために、「外出時や会話の際のマスクの着用」、「こまめな手洗いの徹底」、「人と人との距離の確保」、「適切な換気の実施」など「新しい生活様式」を実践し、基本的な感染防止対策の徹底と移動に際しては、訪問先の感染状況を確認の上、慎重な行動をお願いします。

詳しくは、県のホームページで確認してください。