【令和4年度】同報無線による町長からのお知らせ

更新日:2022年07月01日

画像をクリックすると、YouTubeに移動し動画が見られます。

令和4年7月のお知らせ

20220701morimachi

おはようございます。町長の太田です。

今月は、森町議会6月定例会でお認めいただいた主な事業と、新型コロナワクチン接種についてお知らせします。

最初に、森町議会6月定例会でお認めいただいた主な事業のうち、森町名誉町民の選定についてお知らせします。

令和4年3月に制定した森町名誉町民条例に基づき、書家として広く活躍されている森町出身の杭迫柏樹氏を森町名誉町民に選定することを、全会一致でお認めいただきました。

杭迫氏は、これまでに日本芸術院賞や旭日小綬章を受章されるなど、日本文化の振興に寄与されています。

また、ふるさと森町を愛し、個展の開催や書の寄贈、講演等を通して、町の教育文化の発展に多大な貢献をされ、町民から深く尊敬されていることから、第1号となる森町名誉町民の称号を贈り、町を挙げて顕彰します。

続いて一般会計補正予算のうち、「原油価格・物価高騰対策事業」についてお知らせします。

子育て世帯の負担を軽減するため、小中学校や幼稚園、保育園等の給食材料費の高騰分を町が負担します。

また、低所得世帯の経済的不安を軽減するため、1世帯当たり5万円の「森町生活・暮らし支援臨時特別給付金」を支給します。

なお、対象者には、準備ができ次第、通知をお送りします。

事業者への支援として、中小企業や個人事業主には燃料費等の高騰分の一部を補助する事業や、コスト削減への取組を支援する森町商工会の事業に補助を行い、認定農業者には肥料等の高騰分の一部を補助します。

詳しくは、町ホームページや回覧等をご覧ください。

次に、新型コロナワクチン接種についてです。

4回目のワクチン接種は、今月2日土曜日から森町保健福祉センターで集団接種を開始し、9月末まで土曜日又は日曜日に実施する予定です。

個別接種は、森町病院と西村医院で、すでに実施しています。

対象者のうち、65歳以上の方については、接種日時を指定しています。

それ以外の方は、ご自身での予約となりますので、予診票等が届きましたら予約をお願いします。

現在、使用しているワクチンは、ファイザーとモデルナですが、武田社のノババックスという新しいワクチンの接種が可能となりました。

ノババックスは、18歳以上の1回目から3回目の接種に使用でき、主にアレルギー等の理由でファイザーやモデルナのワクチンが接種できない方や、接種後の副反応が重度だった方などに適しており、森町病院での個別接種が可能です。

詳しくは、6月15日の回覧や町ホームページをご覧ください。

暑さが厳しい季節を迎えましたが、引き続き、密を避ける、人と人との距離の確保、マスクの着用、手洗いなどの感染予防に努めていただくとともに、熱中症にも十分気をつけ、健やかにお過ごしください。

令和4年6月のお知らせ

20220601morimachi

おはようございます。町長の太田です。

今月は、豪雨災害に対する備えについて、森町電動アシスト自転車購入費補助金について、新型コロナワクチン接種について、お知らせします。

はじめに、豪雨災害に対する備えについてです。

これからの時季は、梅雨前線による大雨や集中豪雨などにより、洪水や土砂災害が発生する危険が高まります。

平時から、ハザードマップや防災ガイドブックで自宅や周辺の危険な場所を確認するなどして、自然災害に備えてください。

町は、災害が発生する恐れがあるときは、指定避難所を開設し、「警戒レベル3 高齢者等避難」を同報無線等でお知らせします。

避難とは、「難」を避けることであり、避難所に行くことだけが避難ではありません。安全な親戚や知り合いの家に身を寄せることも検討してください。

次に、森町電動アシスト自転車購入費補助金についてです。

町では、地球温暖化防止や通勤通学に係る自転車利用の促進を目的に、電動アシスト自転車購入に対して補助を行います。

令和4年4月1日以降に購入した電動アシスト自転車に対して、1世帯につき1台限りで、町内の販売店から購入した場合は上限3万円、町外の販売店から購入した場合は上限2万円の補助金を交付します。

申請の受付は、今月1日から開始します。

詳しくは町ホームページをご覧いただくか、役場企画財政課企画係にお問い合わせください。

最後に、新型コロナワクチン接種についてです。

感染した場合の重症化予防を目的として、4回目の接種を実施します。

対象者は、60歳以上の人と、18歳から59歳のうち、基礎疾患などがある人や重症化リスクが高いと医師が認めた人です。

4回目接種は、3回目接種から5か月以上の間隔を空けて接種可能となります。

森町では、60歳以上の人へは、今月上旬から順次予診票等を郵送し、森町病院での個別接種は今月下旬から、町の集団接種は7月から予定しています。

なお、18歳から59歳の人には、申し出により予診票等を郵送しますので、対象となる基礎疾患の種類等をご確認のうえ、申請をお願いします。

また、12歳以上を対象とした3回目接種は、引き続き森町病院と西村医院で個別接種を実施しています。

5歳から11歳までのお子さんへの1回目、2回目接種も森町病院で毎週火曜日に実施していますので、希望する人はお早めに予約をお願いします。

森町の新規陽性者は、ゴールデンウィークによる増加は落ち着きましたが、依然として連日確認されています。

気を緩めることなく、人と接する時はマスクを着用、人と人との距離の確保、手指の消毒、室内の換気など、基本的な感染防止対策を継続してください。

令和4年5月のお知らせ

20220501morimachi

おはようございます。町長の太田です。

今月は、新型コロナワクチン接種について、空き家対策に関する新規事業について、今年の森の新茶についてお知らせします。

始めに、新型コロナワクチン接種についてです。

4月末現在の3回目の接種率は、65歳以上でおよそ90%、全年代でおよそ55%となっています。

今月は、18歳以上を対象とした3回目集団接種を、引き続き旧泉陽中体育館で行い、森町病院などでの個別接種も実施します。

また、12歳から17歳の3回目集団接種は、5月21日土曜日から旧泉陽中体育館で開始し、森町病院などでの個別接種も実施します。

接種に必要な予診票等は、4月末から順次、対象となる方へ発送しています。

3回目の接種は、感染予防や重症化予防の効果を高めるとともに、感染した場合の症状の軽減が期待されますので、希望する方は、お早めに予約をお願いします。

次に、今年度新たに始まった空き家に関する2つの事業についてお知らせします。

1つめは「森町空き家等利活用推進支援事業費補助金」で、森町への移住・定住を進めるため、「空き家・空き地バンク」に登録する物件を増やし、利用を促進するための事業です。

「空き家・空き地バンク」の登録物件に限り、リフォームや家財道具などの処分を行う場合に、リフォームは30万円、家財道具などの処分は10万円を上限に補助するものです。

2つめは、「森町空き家除却事業費補助金」です。

周辺の住宅などに迷惑をかけている危険な空き家の取り壊しを進めて、安心・安全な居住環境を守るため、危険な空き家の解体を行う所有者に対して、取り壊し費用のうち50万円を上限に補助するものです。

いずれも詳しくは、定住推進課にお問い合わせください。

次に、今年の森の新茶についてです。

4月21日に遠州森の茶の初取引が行われ、今年の新茶シーズンがスタートしました。

今年も、全国の遠州森の茶ファンの皆さんに満足していただける、香り良く、こくがある、おいしい新茶ができあがりました。

ご家族で楽しまれ、また、お知り合いなどへの季節のご挨拶にも是非お使いください。

風薫るさわやかな季節になりましたが、新型コロナウイルス感染症は未だ収束していません。

引き続き、基本的な感染予防対策を徹底し、みんなで心をひとつにして、この危機を乗り越えましょう。

令和4年4月のお知らせ

20200401morimachi

おはようございます。町長の太田です。

今日から新年度が始まりました。

令和4年度は「森町の次代を展開するチャレンジ」の年として、町政運営を進めてまいりますので、皆さまのご支援、ご協力をお願いいたします。

今月は、森町議会3月定例会の審議結果について、新型コロナワクチン接種について、お知らせします。

まず、森町議会3月定例会の審議結果についてです。

3月定例会では、提案した38議案がすべて原案のとおり可決されました。

お認めいただいた今年度の新規事業の中から、私のマニフェストに掲げました「次代につなぐ5つの取り組み」に沿って、主な事業をお知らせします。

1つ目の「助け合いふれあう健やかなまちづくり」としまして、新たに「健康こども課」を設け、幼稚園や保育園の窓口を一本化します。

併せて、全ての子どもとその家族への切れ目のない支援を提供するため「子ども家庭総合支援拠点」を開設します。

2つ目の「安全で住みよいまちづくり」としまして、ハザードマップと防災ガイドブックを更新し、全戸に配布します。

土砂災害情報や気象情報の新たなレベル表示、マイタイムラインなどを追加します。

3つ目の「人の交流で賑わうまちづくり」としまして、戦国夢街道を再整備するなど、来年のNHK大河ドラマ「どうする家康」に連動して森町の観光の魅力を発信する事業を行います。

4つ目の「活気に満ちた活力あるまちづくり」としまして、移住希望者のニーズが高い空き家について、家財道具などの処分費用に加え、リフォーム費用についても新たに補助金を設け、移住定住を促進します。

5つ目の「自然を守り歴史に学ぶまちづくり」としまして、カーボンニュートラル実現に向けての取組として、自転車の利用を促進するため、高齢者や子育て世代にも利用しやすい電動アシスト自転車の購入に対し、補助金を設けます。

以上、主な取り組みの一部をお伝えしましたが、詳しくは広報もりまち等でお知らせします。

次に、新型コロナワクチン接種についてです。

森町のコロナワクチン3回目の接種率は、3月28日現在、65歳以上で88.9%、全年代で46.6%です。

今後の集団接種は、4月9日土曜日までは保健福祉センターで、4月16日土曜日からは旧泉陽中学校体育館で実施します。

また、森町病院等での個別接種も引き続き行います。現在、昨年10月16日までに2回目の接種を受けた方へ、予診票等を郵送しています。

接種を希望する方は、早めの予約をお願いします。

また、5歳から11歳の小児へのワクチン接種は、4月19日から毎週火曜日、森町病院で個別接種を行います。

すでに、5歳から11歳までのお子さんへ予診票等を郵送しています。

これから5歳になるお子さんへは、誕生月の翌月までに予診票等を郵送する予定です。

お子さんのワクチン接種は、接種を受ける本人と保護者が、接種による発症予防効果と副反応について、正しい情報を十分理解した上で、受けるかどうかの判断をお願いします。

また、接種を受けるお子さんの健康状態をよく把握しているかかりつけ医に、事前の相談をお願いします。

3月21日で、国のまん延防止等重点措置が解除されましたが、引き続き基本的な感染予防の徹底が必要です。

お一人お一人の慎重な行動が、大切な家族や友人を感染から守り、医療提供体制を守ります。引き続き自覚ある行動をお願いします。

関連記事

このページに関する
お問い合わせ先Inquiry

企画財政課 広報統計係

〒437-0293
静岡県周智郡森町森2101-1
電話番号:0538-85-6306
メールでのお問い合わせはこちら