第9次森町総合計画

2018年9月10日

第9次森町総合計画

 森町では、平成28年度から平成37年度までの10年間における、町が目指す姿と進むべき道筋を明らかにするための最上位の方針となる「第9次森町総合計画」を策定しました。まちの将来像を「住む人も訪れる人も心和(やわ)らぐ森町」と定め、「保健・医療・福祉」「教育・文化」「活力・情報発信」「産業振興」「安心・安全」「自然環境」を6つの基本目標とし、町民の皆さんと協働して各種施策に取り組んでいきます。

 本編本編19MB PDF形式(画像をクリックすると別ウィンドウで開きます)

概要版概要版9MB PDF形式(画像をクリックすると別ウィンドウで開きます)

 

総合計画とは

第8次森町総合計画

第9次森町総合計画策定の経過について

第9次森町総合計画の進行管理について

1.進行管理を実施する項目について

 第9次森町総合計画においては、6つの基本の柱ごとに計15の施策の基本方向を設定しています。
 基本方向の各施策の方向における199の主な事業と31の目標指標について進行管理の対象項目とします。

基本の柱 施策の基本方向 主な事業の数 目標指標の数

1保健・医療・福祉

() いつまでも「いきいき」過ごせるまちをつくる 22
()「お達者」で暮らせるまちをつくる 28
()子育て・子育ちしやすいまちをつくる 17
2教育・文化 ()「ひと」と「ひと」が育みあうまちをつくる 24
()歴史に学び多様な文化を継ぐまちをつくる 13
3活力・情報発信 ()調和のとれた居心地のよいまちをつくる
()町の魅力や情報を広く効果的に発信するまちをつくる
()地域の宝・資源を最大限にいかしたまちをつくる 12
4産業振興 ()活力が持続できるまちをつくる 17
()新たな活力が生まれるまちをつくる
5安心・安全 ()安全・快適に暮らせるまちをつくる 16
()災害に強い、地域防災力の高いまちをつくる
()コミュニティ豊かな地域活動が活発なまちをつくる
6自然環境 ()緑豊かな自然あふれるまちをつくる
()自然環境と共存するまちをつくる

 

2.進行管理の実施方法について

 担当各課に職場進行管理者を置き、主な事業の各年度における進行状況を、S:計画以上に進捗した、A:計画通り進捗した、B:概ね計画通り進捗した、C:計画通り進捗しなかった(未着手含む)の4段階で評価を実施します。またそれぞれの目標指標について各年度の実績値の確認を行います。

 平成29年度進行管理状況について

主な事業_平成29年度評価一覧表(41KB)

主な事業_平成29年度評価内訳(133KB)

目標指標_平成29年度進捗実績(68KB)

 

 

関連ワード

お問い合わせ

企画財政課企画係
電話:0538-85-6305