45 森町の神社建築

前ページ目次 次ページ

45 森町の神社建築

宗教法人として登録された神社は町内に40社程あり、天宮神社本殿と拝殿の2棟が県の文化財に指定されている。一方、小國神社本殿と三嶋神社本殿は町指定となっている。
森町の神社建築の遺構は、ほとんどが江戸時代以降のものである。それらの中で、江戸中期頃までに建立された比較的古い社殿は、表の 如 ( ごと ) くである。ただし、三倉大久保の八幡神社本殿は1684(貞享元)年の造営として考えられるが、その前の1552(天文21)年の本殿の部材を再び使用したか、あるいは忠実に以前の意匠を 踏襲 ( とうしゅう ) したとみられ、室町時代の趣を残した 好例 ( こうれい ) である。
町内では、本殿が覆い屋の中に納められていることが多い。したがって本殿の規模は小さく、 見世棚 ( みせだな ) 形式をとる例も見られる。

社殿形式については、ここ森町においても全国的な傾向と同じく、前方の屋根を長く葺(ふ)き降ろした流造(ながれづくり)の本殿が最も多い。
流造以外の例として、鍛冶島の日月神社本殿は外側に棟持ち柱を立てた 神明造 ( しんめいづくり ) の形式を見せている。
一宮の小國神社は出雲大社の 大国主命 ( おおくにぬしのみこと ) を祭神として創始していることから、本殿の形式も大社造となっている。
宮代の神明宮本殿は切妻屋根で棟持ち柱を有するが、前流れの屋根は幅が狭められて向拝の屋根となり、神明造・流造・向拝(こうはい)庇付(こうはいひさしつ)き切妻造(きりづまづくり)などが折衷された珍しい形式である。

表−18 神社社殿建立年代一覧表

神社社殿建立年代一覧
番号 

年 代

建物名(所在地)

構造形式

典拠

1

寛文12年(1671)

三島神社本殿(森)

三間社、流造、銅板葺

棟札(むなふだ)

2

貞享(じょうきょう)元年(1684)

八幡神社本殿(大久保)

一間社、流造、板葺

棟札

3

元禄10年(1697)

天宮神社本殿(森)

三間社、流造、檜皮葺

棟札

4

元禄10年(1697)

天宮神社拝殿(森)

入母屋造、桟瓦葺、妻入り

社伝(しゃでん)

5

享保8年(1723)

金山神社本殿(草ヶ谷)

一間社、流造(見世棚)、柿(こけら)葺

棟札

6

享保12年(1727)

八幡神社本殿(大鳥居)

一間社、流造、檜皮葺

棟札

7

享保17年(1732)

山名神社本殿(飯田)

三間社、流造、銅板葺(旧檜皮葺)

棟札

(1)天宮神社本殿
天宮神社本殿
1697(元禄10)年造営の簡素な造りである。
(森町天宮)

(2)天宮神社拝殿
天宮神社拝殿
本殿と同時に造営されたものであるが、その後、
屋根は桧皮(ひわだ)から桟瓦(さんがわら)に、
柱や縁も新しい部材に替わった。 (森町天宮)


(3)小國神社本殿
小國神社本殿
1886(明治19)年11月に官費をもって
完成。 (森町一宮)

(4)八幡宮本殿
八幡宮本殿
屋根は大和葺という古様式を用い、全体に丹を
塗り、扉の上部には宝珠(ほうじゅ)と霊芝を描く、
遠州では、残存する社殿としては最も古い部類
に属する。 (森町三倉 大久保)


(5)三嶋神社本殿虹梁
三嶋神社本殿虹梁
三嶋神社は1661(万治4)年正月に焼失し、1672
(寛文12)年に完成した。 この虹梁は当時の意匠
を残す彫刻である。 (森町森)

(6)金山神社本殿
金山神社本殿
見世棚(みせだな)造りの柿(こけら)葺きのもので、
棟札によれば1723(享保18)年の葺替えとみえ、
そのほかの意匠からもこの時代の建造と判断する
ことができる。 (森町草ヶ谷)


(7)山名神社本殿
山名神社本殿
1732(享保17)年9月の棟札によれば、市場の大工
鈴木安右衛門・伝四郎らによって造営された。
(森町飯田)

(8)小國神社神饌殿
小國神社神饌殿
本殿と同様に1886(明治19)年9月25日に再建された
ものであるが、平成9年に老朽化のため解体された。
この写真は平成8年に撮影したものである。
(森町一宮)


(9)大鳥居八幡宮本殿
大鳥居八幡宮本殿
1727(享保12)年に建立した本殿で、重厚な
造りである。 (森町大鳥居)



前ページ目次 次ページ

お問い合わせ

社会教育課文化振興係
電話:0538-85-1112