40 年中行事

前ページ目次 次ページ

40 年中行事

お正月になると初詣に行って新しい年の平安を祈り、お雑煮をいただき、お年玉をもらって清らかな気持になる。15日は成人の日。以前はモッチィといって小豆粥(あずきがゆ)をカヤの箸(はし)で食べて風邪をひかないことを祈り、家を出た子供が実家に帰ってゆっくりする日であった。2月の節分には豆まきをする。以前は焼いたイワシの頭を家の入り口に刺し、竹竿の先にメカゴ(竹籠(たけかご))を吊(つ)るして魔よけとし、厄年の人がいる家ではナタ餅を搗(つ)いた。11月20日はオイベスコといって恵比須・大黒の絵像を祭ってケンチン汁を食べる。
このように、毎年同じような行事を行うことを年中行事といい、季節の変わり目や農作業の節目ごとに行ってきた。この日はゆっくり体を休め、ご馳走を食べ、気分転換をする日であった。

3月のひな祭り、5月の鯉のぼりと凧あげ、11月の七五三などは子供の成長を祈る行事であり、春秋のお彼岸やお盆などは亡くなった人を偲ぶ時である。初山・打ち初め(1月)、田植え後のサナブリ(6月)、収穫が近付いたころの秋祭り(10月)、収穫最中のイノコ (11月)、収穫後の地の神祭り(12月)などは、豊作祈願と感謝を兼ねていた。
七夕やお月見は星や月を愛(め)で、涅槃会(ねはんえ)や花祭りではお釈迦様を祭り、神送り、神迎えは家の神様を出雲(いずも)に送り迎えするというように、自然の厳しさと美しさを味わいながらも、農業を中心にした多忙な生活の中で、神や仏を心の支えにして潤いと喜びの時間を味わってきた。

(1)打ち初め
打ち初め
正月11日早朝、苗田にその家の男の人数に対して
3株のイナギを起こし、ススキ2本に垂紙・松竹梅を
立て、お米を半紙に包んで供えて豊作を祈る。 田
へ出かけるのは家の男ばかりで、その年の恵方に
ならんだイナギを拝むのと同時に日の出もおがむ。
(森町谷中)

(2)目篭
目篭
節分には鬼がくるので、大きい目の篭を軒先にたて
、その中にヒイラギ・ワラジ・カマなどをつるした。
鬼はこれを見て退散するという。
(森町橘 平成6年2月)


(3)ほうこ様
ほうこ様
幼女の晴着をきせて雛壇の前に
座らせる。 子供の無事成長を
お祈りする。 (森町飯田)

(4)端午の節句
端午の節句
長男の生誕を祝い、五月節句の記念撮影をしたところ。
紙のこいのぼり、ブカ凧、母屋の前のオードに臼を出し、
あり合わせの板の上に腰掛け、家長は胸に小さな鯉を
付け、息子は晴着を着せて長男を抱いている。
(森町一宮 米倉)


(5)森の武家凧 (ぶかだこ) 
森の武家凧 (ぶかだこ)
5月3日05日は、森の町中の若者衆(各社屋台社員)
によって初節句を祝う凧あげが太田川の川原でおこ
なわれる。 この凧は、竹取りから色付けまで若者が
おこなう。 (森町 森)

(6)七夕のお供え
七夕のお供え
森の町中は7月7日、農村域は8月7日におこなわ
れる。 家でとれた野菜と小豆飯を供え、オードには
若竹に「七夕や机の上のあずきめし」などと書いて
短冊をつるした。 (森町円田)


(7) 茅の輪 ( ちのわ ) くぐり
茅の輪 ( ちのわ ) くぐり
7月最後の日曜日、飯田の東組の八幡様では
夏越えの神事がおこなわれ、カヤ・しの竹で作った
輪をくぐって病気にならないように祈り、御幣
(ごへい)や茅の輪を太田川に流す。
(平成10年7月26日)

(8)盆かざり
盆かざり
お盆には亡くなった方の霊が帰ってくるといい、
どこの家でも祖先の位牌を仏壇の前に出して
お祀りする。 ミソハギにススキの花、カワラケ
にはそうめんやおかゆを供える。
(森町一宮 平成10年8月14日)


(9)おいべす講
おいべす講
11月20日、朝には甘酒、夜には魚やごちそうを
あげ、両脇には葉付大根(写真は切ってある)
を2本供えて台所の賄いがよいように祈り、商家
では全売上金を供えた。 (森町森)

(10)地の神様
地の神様
11月15日晩、新ワラで屋根を作り、
アワジムスビの上に小豆飯と魚を
供える。 (森町飯田)


前ページ目次 次ページ

お問い合わせ

社会教育課文化振興係
電話:0538-85-1112