29 報徳報本社の成立と地域社会

前ページ目次 次ページ

29 報徳報本社の成立と地域社会

幕末、二宮尊徳は荒廃した北関東の農村復興を行った。尊徳の方法は、支出に限度を定め(分度)、真心を尽くし(至誠(しせい))、勤勉に働き節約して(勤倹(きんけん))、そうして生じた剰余を借金の返済や貯蓄に回す(推譲)というものであった。この思想や実践方法を「報徳」といい、それを実行する結社を「報徳社」という。報徳運動は、静岡県西部地域において急速に発展し、明治後期には全国的な運動となった。
報徳運動は、大きく8系統(本社)に分かれ、発展し、それぞれに独自に展開した。森町に設立された報本社も8本社のひとつであった。1852(嘉永5)年閏2月、新村里助らにより森町報徳社が設立された。里助と養子里三郎らは、報徳普及に努め、森町地域にも報徳社が 簇生 ( ぞくせい ) した。

95年遠江国報徳社との教義(きょうぎ)理解の違いから、森町報徳社を中心に報本社が設立された。1906(明治39)年で32社が所属している。
報徳社では、教義の学習のほかに報徳金の貸付や農事改良の話し合いなどが行われた。しかし、信用組合や農会が組織され、日露戦争前後から政府により、「自力更生」を唱える報徳思想が宣伝されると、報徳社も公共性、精神性を強めていった。報徳社の公共性、精神性は民力涵養(かんよう)運動、自力更生運動、国民精神総動員運動などが展開する中でさらに強まり、教化団体としてそれらの推進に協力した。報本社が大日本報徳社に合同した後、森町には森報徳館がおかれ、現在でも活動が続けられている。

(1)報徳本社講堂
報徳本社講堂
(森町森 明治町)

(2)福山瀧助日記
福山瀧助日記
大日本報徳社から分離する決意を固めた新村里三郎
などに大きな指導的役割を果した瀧助の日記である。
(森町報徳報本社所蔵)


(3)大鳥居村三才 現量 ( げんりょう ) 鏡
大鳥居村三才 現量 ( げんりょう ) 鏡
(森町報徳報本社所蔵)

(5)安居院庄七画像
安居院庄七画像
(森町報徳報本社所蔵)


(4)二宮尊徳像
二宮尊徳像
二宮尊徳というよりも二宮金次郎で
親しまれている。 町内の小学校には
この像が校庭の正面に建てられ、勤勉
・勤労の象徴とされた。
(森町森 森町立森小学校)

(6)新村里三郎画像
新村里三郎画像
本町山中家の人で、新村家に養子、
報本社設立に多大な功績を残した。
鈴木藤三郎が書写。
(森町歴史民族資料館所蔵)


表−14 森町域の報徳社一覧表(1906年現在)

報本社所属報徳社

設立年月

報徳社名

所在地

社員数

1867年

森町報徳社

周智郡森町

25人

1876年

谷中報徳社

周智郡園田村

32人

1876年

大門報徳社

周智郡森町

22人

1878年

草ヶ谷報徳社

周智郡園田村

27人

1878年

円田報徳社

周智郡園田村

51人

1878年

大鳥居報徳社

周智郡天方村

8人

1878年

伏間報徳社

周智郡一宮村

15人

1878年

向天方報徳社

周智郡森町

45人

1880年

上川原報徳社

周智郡園田村

6人

1880年

天宮報徳社

周智郡森町

27人

1893年

鍛冶島報徳社

周智郡天方村

17人

不明

森本町報徳社

周智郡森町

12人

不明

森町下組報徳社

周智郡森町

23人

報徳遠譲社所属報徳社

設立年月

報徳社名

所在地

社員数

1878年11月

飯田上社

周智郡飯田村

82人

1879年11月

飯田下社

周智郡飯田村

55人

遠江国報徳社所属報徳社

設立年月

報徳社名

所在地

社員数

1884年8月

米倉報徳社

周智郡一宮村

38人

1884年2月

下天方報徳社

周智郡飯田村

22人

1886年10月

城下報徳社

周智郡森町

45人

1888年9月

黒石報徳社

周智郡天方村

31人

1895年11月

黒田報徳社

周智郡三倉村

29人

1895年11月

中村報徳社

周智郡三倉村

12人

1895年11月

大府川報徳社

周智郡三倉村

19人

1896年7月

西ヶ峰報徳社

周智郡三倉村

12人

・静岡県『静岡県報徳社事蹟』(明治39年4月刊)より作成。

・報徳報本社所属報徳社の「設立年月」は「大日本報徳社配下旧森町報本社所属各社調」中の「周智郡森町報本社系報徳社各社調(昭和五年四月現在)」による。

・遠江国報徳社所属報徳社の「設立年月」は、遠江国報徳社「明治参拾五年度各町村報徳社現量鏡表」中の「本社許可年月」による。

・報徳遠譲社所属報徳社の「設立年月」は、遠江国報徳遠譲社・三河国報徳社「昭和十戊寅年十月現在報徳無利息趣法金明細書」による。(足立洋一郎一覧表作成)

前ページ目次 次ページ

お問い合わせ

社会教育課文化振興係
電話:0538-85-1112