17 森町の城郭

前ページ目次 次ページ

17 森町の城郭

森町の山城(やまじろ)をめぐる戦いは1501(文亀元)年の天方本城(あまがたほんじょう)(大鳥居)に始まる。城を守ったのは今川方の天方通季(みちすえ)軍、攻めたのは斯波(しば)・小笠原連合軍。通季は一時、城を奪われ、付近の山上に避難し、今川軍本隊の応援によってようやく城を奪還(だっかん)することができた。
通季の孫にあたる 通興 ( みちおき ) は、徳川家康軍が遠江に侵攻してくることを予想して、1568(永禄11)年ごろ、向天方に天方 新城 ( しんじょう ) (現在の天方城)を築いた。69年6月、徳川軍は大挙して同城を襲い、通興を降伏させ、続いて飯田城の 山内 ( やまのうち ) 通泰 ( みちやす ) 軍を攻めてこれを滅ぼした。通泰の 庶子 ( しょし ) 伊織 ( いおり ) が、家臣の 梅村 ( うめむら ) 彦兵衛 ( ひこべえ ) に伴われて三河(愛知県)へ落ちのびたのは僅かな救いであった。
1572(元亀3)年、こんどは北から武田信玄軍が遠江へ攻め込んできた。 

信玄は天方新城に部下の久野弾正(くのだんじょう)を入れ、飯田城も攻略し、さらに南下して東海道に出て磐田原(いわたばら)台地を北上し、二俣(ふたまた)城を落としたのち、三方ヶ原(みかたがはら)で徳川軍を大破したが、西進の途次、陣中で病没した。
家康は73年3月、いったんは武田軍に攻略された天方城・ 各和 ( かくわ ) 城などを奪い返し、 一宮 ( いちのみや ) ( 片瀬 ( かたせ ) )城・ 向笠 ( むかさ ) 城を攻めた。一宮城を守っていた 武藤 ( むとう ) 氏定 ( うじさだ ) は 亀ノ甲 ( かめのこう ) (掛川市)へ逃れ、向笠城も一戦も交えず敗れ去った。6月、徳川軍は一宮城・ 社山 ( やしろやま ) 城(豊岡村)に防御柵を構築して 二俣 ( ふたまた ) 城の押さえとし、浜松城へ帰陣した。
氏定は、その後も武田方に属し、1581(天正9)年、高天神(たかてんじん)城(大東町)で徳川軍と戦い、壮烈な戦死を遂げた。

(1)城ヶ島の城跡
城ヶ島の城跡
山内氏から大鳥居へ進出する以前の拠城。
(森町鍛冶島 栗之島)

(2)天方新城
天方新城
現在天方城と呼ばれている。 所属は今川→徳川
→武田→徳川と推移。 (森町向天方)


(3)天方本城
天方本城
今川軍×斯波・小笠原連合軍。 (森町大鳥居 本城山)

(4)真田山城
真田山城
真田城とも。 武藤氏が片瀬城を築く以前の拠城。
(森町一宮 宮代)


図−21 森町域内外の城郭をめぐる攻防戦図 (1501〜1573年)
森町域内外の城郭をめぐる攻防戦図 (1501〜1573年)


(5)飯田古城
飯田古城
山内氏が飯田へ進出し、初めて築いた城。 崇信寺
寺域とほぼ重なる。 (森町飯田 中飯田)

(6)飯田城
飯田城
現在、飯田城と呼ばれている。 通泰築城か。
(森町飯田 中飯田)


(7)片瀬 (一宮) 城模型
片瀬 (一宮) 城模型
(森町一宮 片瀬 京都科学写真提供) 


前ページ目次 次ページ

お問い合わせ

社会教育課文化振興係
電話:0538-85-1112