14 蓮華寺と一宮の鋳物師

前ページ目次 次ページ

14蓮華寺と一宮の鋳物師

 中世における現町域内には、無論遠江の一宮社が存在したが、それにはさまざまな人々が従っていた。その一つに鋳物師(いもじ)と呼ばれる工人が一宮荘内に居た。鋳物師は金属をとかし、諸種(しょしゅ)の型に入れて、武器や各種の仏像・鏡・釣鐘・鰐口(わにぐち)・鍋・釜などを鋳造(ちゅうぞう)した。彼らは戦国時代には一宮の社僧蓮華寺等の支配下にあり、西脇に居住していた。伝承では西脇の近くの西金谷にも居たという。1428(正長元)年以降に鋳造したいくつかの釣鐘が知られている。
 森と言う地名は中世以降に登場するが、一般化するのは1563( 永禄 ( えいろく ) 6)年以降である。元来、森は太田郷と呼ばれていたが、蓮華寺門前に市が立ち、森山(三嶋山)の 麓 ( ふもと ) に市場 聚落 ( じゅらく ) が形成され、その辺を 森村 ( もりむら ) ・ 森郷 ( もりのごう ) と言うようになった。

 森は交通上の要地であるため、永禄年間今川氏は関を置いた。森は遠江の山間地域と平野部を結ぶ接点に位置する。すなわち、森から北上する道(信州街道)・川根筋(家山・下長尾(しもながお))へ抜ける道、また、南部へ向かう道(掛川・見付・浜松)もあり、南北・東西の道の交叉する地点にある。
 戦国期の森は地域経済の中核であったと思われる。したがってこの地を治めていた者(市場に関係する者か、蓮華寺なのか)は経済的に豊かであったようで、たくさんの銭を貯えていた。平成3年西脇で発見された7万枚余りの古銭はそれを物語っている。そのほとんどは中国銭を日本で模造した模鋳銭(もちゅうせん)で、銭を入れた甕(かめ)は16世紀前半頃に造られたものと考えられる。

(1)鋳物師 鋳鐘 ( いりがね ) 之図
鋳物師 鋳鐘 ( いりがね ) 之図
鋳物師などの職人たちの活動を描いた「歓喜天霊験記」は、中世の鋳物師の様子
を知る唯一のものである。この絵はのちに描かれたものである。  (森町 個人所蔵)

(2)西金谷八幡宮
西金谷八幡宮
西金谷には八幡宮の檀那田辺氏(だんなたなべし)が
居住、同氏は森郷の鋳物師の1軒である。 八幡宮は
鋳物師の守護神であり、蓮華寺内八所八幡の1社で
あると伝えられる。  (森町森 西金谷)

(3)霊山寺 鐘銘 ( しょうめい )
霊山寺 鐘銘 ( しょうめい )
1364(貞治3)年国府(見附)蓮光寺の
鐘が鋳造され、一宮西願・崇一の両鋳
物師がかかわったことがわかる。
(沼津市 霊山寺所蔵)


(4)山名郡下和口阿弥陀堂旧蔵鐘銘写
山名郡下和口阿弥陀堂旧蔵鐘銘写
1437(永享9)年に奉納された鐘銘
の写で、大工一宮森左衛門などの
名前がみえる。(「遠江国見艸」 森町
円田個人所蔵)

(5)賀茂神社鰐口

賀茂神社鰐口
1487(文明19)年飯田荘戸和田郷の大檀那藤原通国の名前が陰刻されている。 (森町睦実 賀茂神社
所蔵)

(6)片吹天王社鰐口

片吹天王社鰐口
1460(長禄4)年に奉納されたもので、地方の鋳物師によって造られたものと思われる。 (森町森 個人保管)


(7)蓮華寺山と森の街
蓮華寺山と森の街
(森町さざんか荘から 平成10年4月4日撮影)

(8)今川義元判物
今川義元判物
今川氏は蓮華寺に金屋支配を承認した。 (森町森
蓮華寺所蔵)


(9)埋蔵銭
埋蔵銭
平成3年6月11日、森町大門字西脇西之海戸から出土
した7万609枚の古銭は調査上の枚数で、実質的にはこれ
をうわまわる数である。 (森町教育委員会保管)

(10)太田郷 (森町市街) 空撮
太田郷 (森町市街) 空撮
山間部から平野部に出る口にあたる森は、「二俣口」と並
んで信州街道の「森口」と言われた。
(平成7年4月1日撮影)


前ページ目次 次ページ

お問い合わせ

社会教育課文化振興係
電話:0538-85-1112