13 田能天王社大般若経

前ページ目次次ページ

13 田能天王社大般若経

14世紀は、1333(元弘3)年の鎌倉幕府滅亡、後醍醐天皇による「建武の新政」・南北朝の争乱と合一(1392<明徳3>年)と次々に大きな事件が起こった。町域でもいろいろな動きがあった。飯田荘加保村等の地頭であった備後の山内通継は、足利尊氏軍に従い、各地を転戦した。のちの飯田郷領主山内氏はこの所領を受け継いでいる(系譜的関係は明確ではない)。1351(正平6)年周防国(山口県)の常陸親王(南朝の皇子)の許に一宮社の関係者と思われる「一宮(いちのみや)源蔵人大夫(みなもとのくろうどだゆう)入道(にゅうどう)」が従っている。また、この頃一宮庄大田郷(おおたのごう)一藤名(いちふじみょう)は少貳(しょうに)氏の所領となっている。この子孫はのち、武藤氏と改称、室町幕府奉公衆となる。
南北朝期の1384(永徳4)年〜1387(嘉慶元)年にかけて、三倉郷 田能 ( たのう ) 「天王社」の大般若経600巻が書写された。

これは現在町域に残っている確実な最古の文字資料で、御経を書写した人物・寺社名・所在地名・金銭等を援助した人物等が記載されており貴重な資料である。大般若経は災いを除き、天下太平・国土安寧などに効力があると信じられ、中世では転読(てんどく)が社寺の年中行事に組み込まれていた。この頃、岩室寺や一宮庄天満宮でも大般若経書写されていた。大般若会は、その後も行われ、人々身近な現世利益(げんぜいりやく)を祈念したのであろう。
この時期、遠江の守護は今川氏であった。今川氏は守護権限を最大に活用して、遠江の武士を権力機構に組み込んでいった。やがて、15世紀初頭、守護職は斯波氏(しばし)に交替し、以降、1世紀にわたる支配が開始された。

(1)田能の集落
田能の集落
中央の美山は白山で、手前に集落が見える。 田能は田尾(たお)で山の窪んだところを意味し、春埜山・大日
山・秋葉山などの北遠霊山への中継地として栄えた。

(2)大般若経
大般若経
全六百巻が残されており、古態(こたい)を残す巻子本である。 現在、静岡県指定文化財で、近隣では、
岩室寺(森町・豊岡村) ・ 一宮天満宮や春野町の大時(おおとき)でも書写されたことが確認されている。
(森町三倉 蔵泉寺所蔵)

(3)十六善神画蔵
十六善神画蔵
大般若会には、この画像を本堂に掛ける。
「大般若経」を守護する十六の夜叉神で、
釈迦十六善神ともいうが、般若会の時は
本尊として用いられている。 本来当所に
伝来したものは、大内氏の贈賜したもの
であったと言われるが、戦乱で紛失したと
箱書きにある。 この画像は、1637(寛永14)
年三倉喜兵衛と蔵泉寺の存秀首座両人に
よって買い取って寄進したもので、毎年
正月11日に大般若会をしたということも
箱書きに残されている。(森町三倉 蔵泉寺
所蔵)


(4)蔵泉寺
蔵泉寺
山号を龍池山と称し、古くは天台宗であったと伝えられている。集落全体にいくつかの坊や関係の建物
が存在していたことが地名からも理解できる。
(森町三倉 田能)

(5)田能大般若会
田能大般若会
現在、1月15日と8月1日に大般若経の転読がおこなわれており、かつては、北遠一帯の人々が参加していた。
疫病退散を祈る重要な法会である。


(10)古瀬戸瓶子 
古瀬戸瓶子
 (森町一宮 真田出土) 


前ページ目次次ページ

お問い合わせ

社会教育課文化振興係
電話:0538-85-1112