11 飯田荘と都うつし

前ページ目次次ページ

11 飯田荘と都うつし

飯田荘は、蓮華王院領(三十三間堂)で白河・鳥羽・後白河三代上皇の御起請地(ごきしょうち)であった。白河天皇は、1075(承保(じょうほう)2)年に法勝寺(ほっしょうじ)(国王の氏寺)の造営に着手し、1083(永保(えいほう)3)年には愛染堂や八角九重塔が建立され、受領(ずりょう)(地方へ赴任した国司)経済的支援が大きな力となって完成されている。
飯田荘観音寺は、この法勝寺の直末寺で、後の記録では、 東補陀落山 ( ひがしふだらくさん ) 観音寺とあり、同寺の境内からは、加法経を埋納した経塚がいくつか確認されている。その後、当荘は皇室領荘園として伝領された。鎌倉期以降の 地頭 ( じとう ) (現地支配の武士)は、山内首藤氏である。
飯田荘は、観音寺を拠点に、都から下った僧侶や神人・寄人などが 都鄙 ( とひ ) 間の地域的交流の一端を担い、

太田川を京都の加茂川に見立て、戸綿の賀茂山に賀茂三社(都の地主神)を勧請(かんじょう)し、荘園の南界には疫病を祓い流す祇園(ぎおん)祭(山名神社)も始まったようである。これと相まって、小國社を中心とした遠江の国神祀りも確立され、「都うつし」(京都を模倣した都市設計や文化の流入)が推進されたようである。
太田川の西は遠江の学問所である蓮華寺(天台宗)、東は、国王の氏寺法勝寺直末観音寺(真言宗)が大きな勢力を示していたと考えられる。
飯田荘は、吉川流域を上郷(かみのごう)、戸綿を戸和田郷(とわたのごう)、現在の飯田を下郷(しものごう)と言い、現在の下飯田は山梨郷や宇刈郷とは同じ文化圏にあった。とくに、高平山遍照寺(へんじょうじ)は春岡西楽寺の奥院で、平安末期に開かれた寺院であり、境内からは当時の瓦も出土している。

(2)鳥羽法皇像
鳥羽法皇像
1156(保元元)年7月2日没。 一週間後に
保元の乱がおこり、『愚管抄』には、「武
士ノ世トナリケル也」と見える。 (個人所蔵)

(4)東補陀落山観音寺絵図
東補陀落山観音寺絵図
江戸後期には観音堂だけになっているが、寺中からは
平安末期の遺物が多く出土し、坊の跡も残っていた。
(森町飯田 個人所蔵)


図−17 寺社配置図
寺社配置図
太田川は都の鴨川に相当し、戸綿の賀茂社・飯田
の観音寺・飯田天王社と川に沿って存在する。円
田の大城戸は、勅使の座所で、国神祀祭者の旅館
跡でもあり、京都の御所に相当する場所であろう。

図−18 京都寺社配置図
京都寺社配置図
足利健亮氏作成 「平安京と四神」 NHK 『人間大学』
景観から歴史を読む。一部追加。


(5)飯田荘戸和田郷の賀茂山

飯田荘戸和田郷の賀茂山
中央の茶畑の平坦地が中世賀茂宮の跡。 (森町睦実)

(6)京都上賀茂神社祭礼 ( 奉幣 ( ほうへい ) の儀)
京都上賀茂神社祭礼 ( 奉幣 ( ほうへい ) の儀)
天皇の名代である勅使が参向し、随員が幣帛
(へいはく)を奉じる。 (平成10年5月15日)


(7)京都上賀茂神社神馬
京都上賀茂神社神馬
雨が止むように白馬を、降雨には黒馬を奉納する。
 (平成10年5月15日)

(8)太田川絵図
太田川絵図


(9)高平山に移された観音寺観音堂
高平山に移された観音寺観音堂

(11)観音寺出土経塚遺物
観音寺出土経塚遺物
飯田観音寺本堂裏山から出土した如法経外容器群。
飯田一木寿平氏旧蔵経筒は霊芝雲が陰刻されたもの
であったという。(森町教育委員会保管)


(10)飯田祇園祭
飯田祇園祭


前ページ目次次ページ

お問い合わせ

社会教育課文化振興係
電話:0538-85-1112