10 一宮の成立と密教の隆盛

前ページ目次次ページ

10 一宮の成立と密教の隆盛

小國神社は、周智郡内の官社で、その祭祀(さいし)や営繕(えいぜん)は、郡司(ぐんし)や国司(こくし)の支配による律令下に置かれてきた。
1082(永保2)年、神祇官は太政官を通じて小國社の 神主職 ( かんぬししき ) に 清原則房 ( きよはらののりふさ ) を 補任 ( ぶにん ) し、翌永保3年には、遠江国司藤原 惟信 ( これのぶ ) が同氏を同社の 宮司職 ( ぐうじしき ) に補任した。
清原氏は、代々 小國 ( をくに ) 社(神領と領民)の実質的支配者で、散在していた 神田 ( じんでん ) を 国衙領 ( こくがりょう ) や他荘園を交えないで一円化( 円田化 ( えんでんか ) )し、小國社の経済基盤を確立した。清原氏は、円田用水(太田郷から引水)を整備し、広大な水田を開発したと見られる開発領主である。円田郷の 大城戸 ( おおきど ) は、清原氏の館と推定され、 深養父 ( ふかやぶ ) と別称されたが、その後「 粟倉殿 ( あわぐらどの ) 」と変ったようである。

清原氏は、遠江国へ赴任した国司藤原氏や都の権門盛家(けんもんせいけ)と結ぶことにより、この10年後には神官別当(しんかんべっとう)が従五位下を買官(ばいかん)している。また、1165(永万元)年、小國社は遠江で唯一神祇官へ八丈絹5疋(ひき)を貢納する神社であった。
1168(仁安3)年、小國社へ天台如法経(にょほうきょう)が埋納されたことは、蓮華寺(八形山(はっけいざん))や岩室寺(いわむろでら)が同社と融合した密教寺院であったことを推定させる。天宮神社の境内からは、奈良・平安期の瓦が出土しており、その後小國社の摂社に置かれていったものと推測される。小國社の奥院(おくのいん)本宮山(ほんぐうさん)を頂点とする天台系の一山組織が確立し、これが遠江国一宮(とおとうみのくにいちのみや)の成立へとつながったのであろう。このほか、霊是(りょうぜ)(大日)山や三倉田能にも山岳密教寺院(さんがくみっきょうじいん)がこのころ再編された。

(1)小國神社楼門と社殿
小國神社楼門と社殿

明治15年消失以前 (小國神社提供写真)

(3)勅使参道
勅使参道
現参道右手に一段高い杉並木が残る。 (森町一宮 小國神社)


図-14 森南部域の荘園・公領推定図
森南部域の荘園・公領推定図

(4)粟倉村絵図
粟倉村絵図
深養父(ふかやぶ)清原氏の館跡と推定される粟倉大城
戸遺跡付近の絵図。 (森町円田 個人所蔵文書)


図−15 本宮山を頂点とする寺社関係図
本宮山を頂点とする寺社関係図
■=神社 ●=寺院
遠江国見山(本宮山)の南麓に開かれた遠江国一宮の寺院・神社

(5) 白鬚 ( しらひげ ) 神社
白鬚 ( しらひげ ) 神社
勅使の霊社といわれる小國神社の末社。 (森町円田 大垣内大城
戸鎮座)


図−16 平安時代末期の和鏡拓影
平安時代末期の和鏡拓影
(白山神社所蔵)

(6)遠江国の 国見岳 ( くにみたけ ) 本宮山
遠江国の 国見岳 ( くにみたけ ) 本宮山
国司が、国内の様子を見わたしたという御山で、一宮の奥院(上宮
)が祀られ、三河国にも同様に本宮山がある。


(8)小國神社と対をなす天宮神社
小國神社と対をなす天宮神社
(森町天宮 宮山)

(7)阿弥陀如来坐像
阿弥陀如来坐像
(三倉田能蔵泉寺)


(9)一宮別当寺であった蓮華寺
一宮別当寺であった蓮華寺
(森町森 大門)

(10)遠江国一宮小國神社社殿
遠江国一宮小國神社社殿
(森町一宮 宮代)


(11)獅子ヶ鼻と呼ばれる岩室寺の行場
獅子ヶ鼻と呼ばれる岩室寺の行場
(豊岡村岩室)

(12)奈良期の瓦
奈良期の瓦
(森町天宮 天宮神社出土)


(13)蓮華寺薬師堂古瓦

蓮華寺薬師堂古瓦
(森町森 蓮華寺出土)

(14)仁安3年 在銘 ( ざいめい )
経筒 ( きょうづつ )外容器

仁安3年 在銘 ( ざいめい )
(森町一宮 小國神社所蔵)

(15)金剛界大日如来仏頭

金剛界大日如来仏頭
(豊岡村敷地 岩室観音堂)


前ページ目次次ページ 

お問い合わせ

社会教育課文化振興係
電話:0538-85-1112