天宮神社

天宮神社

天宮神社

祭神
田心 ( たごころ ) 姫命 ( ひめのみこと ) ・ 市杵島 ( いちきしま ) 姫命 ( ひめのみこと ) ・ 湍津 ( おきつ ) 姫命 ( ひめのみこと ) (大国主命のお妃)


天宮神社は、 欽明(きんめい) 天皇(約1,500年前) の時、 九州 筑紫(つくし) 国の 宗像(むなたか) 神社の御祭神を 遷(うつ) し祭ったのが始まりとされています。

現在の本殿、拝殿は、元禄10年(1697年)甲良豊前源宗賀(長野県善光寺など造営)によって完成したもので、県文化財に指定されています。

境内にある神宮寺は天台宗蓮華寺の末寺でしたが、今は舞楽の練習場になっています。

ナギの木 【県指定天然記念物】

ナギの木

本殿東側にある御神木として祭られている「ナギの木」は樹齢1,500年余。創祀を記念して筑紫の国本宮から苗木を持参して植えたものと伝えられています。
樹高10m枝張り9mの巨木で、県天然記念物に指定されています。


天宮神社十二段舞楽【国指定重要無形民俗文化財】

天宮神社十二段舞楽

平安末期0鎌倉初期に伝えられ、江戸時代から 一宮大祢宜の鈴木左近家が代々舞楽師匠方として努め、明治以降は、氏子有志が楽人兼師匠方として努めるようになりました。現在、天宮地区の氏子青年団「 天社轂(てんしゃこく) 」・ 「天宮神社舞楽保存会」らの手により伝えられています。


この「十二段舞楽」は、十二の舞から構成され、 国の重要無形民俗文化財に指定されています。 例大祭で、舞が奉納されます。

詳しくは、図説森町史をご覧ください。

35 遠江一宮の舞楽の歴史 小國(左舞)/天宮(右舞)
36 小国・天宮両社の舞楽

例大祭(ほうじ祭)

例大祭(ほうじ祭)

天宮神社の例大祭は毎年4月第1土・日曜日に行われます。本祭、御神輿渡行、還行に続いて舞楽が奉納されるなど、数多くの神事があります。
森の石松は、この神社の大祭で迷子になり、森の五郎に拾われたと伝えられ、 神社門前の新屋旅館は石松の養家とされています。

天宮神社 例大祭情報
天宮神社 例大祭
日 時 毎年4月第1土・日曜日
詳しくは、森町カレンダーをご覧ください。
場 所 天宮神社
見どころ 十二段舞楽の奉納
1日目(土) 午後4時~ 9時
2日目(日) 午後4時~10時

このページの先頭へ

 

お問い合わせ

産業課商工観光係
電話:0538-85-6319