四季の歳時記

森町の年中行事を紹介します。

花菖蒲まつり
花菖蒲まつり

納涼花火大会
納涼花火大会

石松祭
石松祭

年中行事日程
時期年中行事・芸能・祭
1月 1日〜 初詣(各神社)
1日〜3日 大洞院餅焼き
3日 田遊び(県指定文化財) 小國神社
第3日曜日 星まつり 八形山蓮華寺
2月 3日 節分祭 小國神社
10日 星まつり 大日山金剛院
3月 下旬(日曜日) 石松まつり(3年に一度)と石松供養祭
4月 第1土・日曜日 天宮神社例大祭
上旬 小國神社桜まつり、太田川桜堤(向天方)
18日に近い土・日曜日 小國神社例大祭
5月 5日 武家凧(ぶかだこ)あげ 太田川河畔
下旬〜6月下旬 小國神社 花菖蒲
6月 1日 太田川鮎つり解禁
第1日曜日 花菖蒲まつり 小國神社
25日 吉川・三倉川鮎つり解禁
上旬〜7月上旬 極楽寺あじさいまつり
中旬〜7月下旬 香勝寺 桔梗
7月 15日に近い土・日曜日 山名神社天王祭
土用の丑寅の日 きゅうり祈祷 大日山金剛院
8月 15日 納涼花火大会 太田川河畔
9月 上旬〜中旬 香勝寺 桔梗
第3日曜日 萩まつり 八形山蓮華寺
27日 柴灯護摩供養 大日山金剛院
28日 出成護摩大祭 八形山蓮華寺
10月 上旬〜中旬 各地区神社の例祭
中旬〜11月中旬 次郎柿の収穫
11月 第1金曜日〜日曜日 森のまつり
12日 お命講(飯田鬼子母神) 是生山本立寺
中旬(日曜日) 産業祭 もりもり2万人まつり
下旬 大洞院紅葉祭
下旬 小國神社紅葉祭
12月 31日 除夜の鐘 大洞院

石松まつり(石松供養祭)

もりまちは「森の石松」のふるさと!

石松まつり日程
日時 3月下旬(日曜日) 「石松まつり」
場所 大洞院

郊外にある大洞院には、石松の墓があり、まちの観光協会では、毎年、石松供養祭を開催しています。
また、3年に1度石松まつりとして、仮装行列があります。


武家凧上げ

およそ200枚の凧が舞うんだ!

武家凧上げ日程
日時 5月5日
場所 太田川河川敷

江戸時代の文化年間(1804年~1817年)領主だった「土屋の殿様」の子の誕生を祝って、家臣たちが端午の節句に凧を上げたのが始まりです。
毎年、5月5日のこどもの日には、手作りの凧が、太田川の上空を勇壮に舞います。

森のまつり

伝統の 「舞児還し」(まいこがえし)は、まつりのハイライト!

森のまつり日程
日時 毎年11月の第1金曜日・土曜日・日曜日
場所 三島神社他(森地区)
見どころ 御輿渡御 2日目 13:40〜三島神社〜金守神社
御輿還御 3日目 13:00〜 金守神社〜三島神社
舞児還し 3日目 18:00〜 三島神社〜各町内

“けんか祭り”と言われる、この祭りは毎年11月の第1金曜日・土曜日・日曜日に行われ、狭い町中(まちなか)で大勢の人たちが激しい練りをすることで知られています。
江戸時代、もりまちは塩の道・秋葉街道の宿場町として、大きな店が町の中心部に並び、大変繁盛を極めていました。
そして、商店の使用人が、氏神の祭りの当日、主人より祭日として無礼講を許されたのが、この激しい練りの始まりと言われています。この祭りのお囃子(はやし)は、 領主だった「土屋の殿様」が歌舞・音曲が好きで、江戸の浅草から「三社囃子」を伝えられたのが、由来とされています。屋台(山車)は14台で、高さ約4メートル巾約3メートル全長約6メートル、重さ約2トンの大きなもので、全国的には珍しい二輪の屋台です。
屋台には、全面豪華な彫刻がしてあります。
また、最終日の夜、神事に仕えた舞児(まいこ)を屋台に乗せ、 地面に足を付かせることなく自宅まで送る、伝統の 「舞児還し」(まいこがえし)は、祭りのハイライトです。


もりもり2万人まつり

特産品の販売などで、毎年にぎわってる!

もりもり2万人まつり日程
日時 11月中旬(日曜日)
場所 森町内

もりまちの産業まつり。
地元もりまちをはじめ、近くの市町村や友好町「北海道森町」の特産品などが販売されて、毎年たくさんの人たちでにぎわっています。
特設ステージでは、もりまちの常盤太鼓や森っ娘コンテスト、歌謡ショーなどが行われます。

その他の祭・イベント

大洞院餅焼き
天宮神社十二段舞楽奉納(天宮神社例大祭)
小國神社十二段舞楽奉納(小國神社例大祭)
天王祭舞楽奉納(山名神社例大祭)
小國神社田遊び祭

 

お問い合わせ

産業課商工観光係
電話:0538-85-6319