たばこ税手持品課税とは

2017年1月6日

手持品課税とは

平成27年度のたばこ税関係法令の改正により、平成28年4月1日から、たばこ税の旧3級品に係る特例税率が廃止され、段階的に税率が引き上げられることとなりました。
これに伴い、たばこ税率の引き上げの日午前零時現在において、たばこの販売業者(小売販売業者、卸売販売業者及び特定販売業者)等が、店舗(営業所)、倉庫、居宅などで合計5千本以上のたばこ(旧3級品)を販売のために所持している場合には、その所持するたばこ(旧3級品)について、税率の引き上げ分に相当するたばこ税の課税が行われます。これを「手持品課税」といいます。

手持品課税の概要については、国税庁などが作成しています。
たばこ税手持品課税の概要(国税庁ホームページ)

申告の方法

申告書用紙は、申告者控用、税務署提出用、都道府県提出用及び市区町村提出用の4枚複写となっていますので、切り離さず複写でご記入ください。
また、申告書は営業所または貯蔵場所の所轄税務署において一括して受け付けます。
申告書は、郵送などによる提出も受け付けています。所轄税務署あてに送付をお願いします。

申告期限及び納期限

年度 申告期限 納期限
平成28年度 平成28年5月2日 平成28年9月30日
平成29年度 平成29年5月1日 平成29年10月2日
平成30年度 平成30年5月1日 平成30年10月1日
平成31年度 平成31年4月30日 平成31年9月30日

申告書の提出期限から納期限までに約5か月間ありますので、納期限をお忘れにならないようご注意ください。 
 国のたばこ税、県たばこ税及び町たばこ税の区分に応じた納付書を使用して、それぞれに定められた方法により納付をお願いします。

お問い合わせ

税務課町民税係
電話:0538-85-6308