償却資産について

2017年11月17日

1.償却資産とは 

 会社や個人の方が事業を営むために所有している土地・家屋以外の有形固定資産で、その減価償却額又は減価償却費が、法人税法又は所得税法の規定による所得の計算上、損金又は必要な経費に算入されるものをいいます(地方税法第341条第1項第4号)

 遊休又は未稼働の償却資産であっても、1月1日(賦課期日)現在において事業の用に供することができる状態にあるものは、償却資産に含まれます。

※ただし、次の資産は除きます。

 ・自動車税、軽自動車税の課税対象になるもの 

 ・棚卸資産(商品、貯蔵品など)

 ・無形固定資産(特許権、ソフトウェアなど)

 ・繰延資産(開業費、開発費など) 

 ・耐用年数が1年未満又は取得価額が10万円未満の償却資産で一時に損金算入したもの

 ・取得価額が20万円未満の償却資産で、3年間で一括償却しているもの  

2.償却資産の評価のしくみと課税標準額の求め方 

◇評価のしくみ

  固定資産評価基準に基づき、取得価額を基礎として、取得後の経過年数に応ずる価値の減少(減価)を考慮して評価します。

 ・前年中に取得された償却資産(取得月にかかわらず半年分を償却します。)    

    評価額=取得価額×(1-(減価率÷2)) 

 ・前年より前に取得された償却資産

    評価額=前年度の価額×(1-減価率)

  なお、算出した評価額が取得価額の5%を下回る場合は、取得価額の5%の額が評価額となります。

 ◇課税標準額の求め方

 償却資産一品ごとの評価額の合計が課税標準額となります。  

3.償却資産の申告について

 償却資産(事業用資産)を所有している方は、毎年11日(賦課期日)現在所有している償却資産について、

131日までに申告を提出してください。

131日が休日の場合は、翌平日が提出期限となります。

 【申告書様式】  申請書ダウンロード

 詳しくは、「償却資産申告の手引」 【PDF(1MB)】  をご覧ください。

関連ワード

お問い合わせ

税務課固定資産税係
電話:0538-85-6309