社会資本総合整備計画(社会資本整備総合交付金事業)

2017年3月28日

森町の社会資本整備総合交付金事業(建設関係)に関する整備計画及び事前評価の結果です。

 社会資本総合整備計画は、国土交通省所管の社会資本整備総合交付金を活用して実施する、 社会資本の整備等の取組みに関する計画です。

 ※社会資本整備総合交付金制度の詳しい内容については、国土交通省の関連ページ(別ウィンドウが開きます)をご覧ください。

森町建設課では、現在、以下の計画を作成し、事業を実施しています。

整備計画の名称 計画の目標 資料

工業団地基盤強化のためのアクセス道路整備

 

計画期間:平成28年度~平成32年度

工業団地内の未利用地等に民間投資、需要を喚起していく必要があるため、団地内の基盤強化策として、アクセス道路から未利用地へ円滑に接続する道路を整備し、企業誘致を加速させ、未利用地の早期解消を図る。

整備計画書.pdf(521KB)

事前評価.pdf(74KB)

森町における木造住宅の安全性向上(防災・安全)

 

計画期間:平成28年度~平成32年度

昭和56年5月以前に建築された木造住宅の耐震化を推進することにより、安全で安心できる住まいを実現する。

整備計画書.pdf(173KB)

事前評価.pdf(67KB)

通学路の緊急合同点検結果等に基づく交通安全施設整備

 

計画期間:平成25年度~平成29年度

平成24年度に実施した通学路における緊急合同点検にて位置付けられた要対策箇所及び平成25年度以降に通学路対策推進会議にて位置付けられた対策必要箇所において、交通安全施設整備を推進することにより、
交通事故のない安全で安心した豊かな生活を送れる社会の実現を目指す。

整備計画書.pdf(355KB)

森町営住宅の長寿命化と、高齢化・人口減少化に対応した安心・安全な住環境の整備(地域住宅計画)

 

計画期間:平成26年度~平成30年度

次世代に継承できる安全で良質な住宅ストックを形成する。次世代に継承できる安全で良質な住宅ストックを形成する。 災害に強く、安全で快適な住まいと住環境の実現を図る。

 整備計画書.pdf(127KB)

事前評価の結果.pdf(85KB)

命と暮らしを守る“ふじのくに”のみちづくり(防災・安全)

 

計画期間:平成29年度~平成33年度

本県の道路整備計画である「“ふじのくに”のみちづくり」に基づき、道路法面の防災対策や橋梁の耐震化等を行い、災害に強く信頼性の高い道路ネットワークの整備を進めるとともに、交通安全対策等を行い、安全で安心した豊かな生活を送れる社会の実現を目指す。

整備計画書.pdf(1MB)

ふじのくに静岡県の道路構造物(橋梁・トンネル)の適確な維持管理の推進

 

計画期間:平成26年度~平成30年度

静岡県及び県内市町が管理する道路構造物(橋梁・トンネル)の計画に基づく補修事業及び各種点検・計画策定を行うことで、適確な維持管理を推進する。

整備計画書.pdf(1MB)

橋梁修繕 個別施設計画.pdf(59KB)

 「資料」欄から、整備計画書・事前評価の結果をご覧頂けます。(PDFファイル)

【備考】

 平成30年度末供用開始予定路線

供用路線.png

 

 

          

 

お問い合わせ

建設課管理係
電話:0538-85-6325