森町町営住宅長寿命化計画の策定について

2016年3月23日

町営住宅の維持管理・更新等を計画的にすすめるため、「森町町営住宅長寿命化計画」を策定しました。

●計画の目的

 平成18年に「住生活基本法」が施行され、本格的な少子高齢社会、人口減少社会の到来に備え、住宅セーフティネットの確保を図りつつ、健全な住宅市場を整備するとともに、住生活の質の向上を図る住宅政策を展開するという考え方が示されるつなど、国の住宅施策は大きく転換してきています。

 町では、平成14年11月に森町町営住宅再生計画を定め、公営住宅の計画的な建替、改善管理等を図ってきましたが、計画策定から10年が経過し、また上記のような国の大きな施策の方向転換を受け、平成25年11月に森町地域住宅計画を新たに策定しました。この計画に沿い、公営住宅の安全で快適な住まいを長期間にわたって確保するため、予防保全的な観点から修繕や改善の計画を定め、長寿命化による更新コストの削減と事業量の平準化を目的として「森町町営住宅長寿命化計画」を策定しました。

 

計画の期間    平 成 27 年 度 ~ 平 成 36 年 度 

計画の全容 森町町営住宅長寿命化計画.pdf(2MB) 

お問い合わせ

建設課管理係
電話:0538-85-6325