平成28年1月から税証明等を請求される際、「本人確認の書類」が必要になります

2016年1月4日

 税証明等申請の際の本人確認にご協力ください


  本人になりすました第三者が税証明等を不正に取得することを防止し、大切な個人情報を保護するため、平成28年1月から税証明等の交付や閲覧の請求をされる際、窓口に来られた方の本人確認を実施します。みなさまのご理解とご協力をお願いします。
※代理の方がお見えになる場合は代理人の本人確認をさせていただきます。なお、同一世帯の親族以外が税証明等(軽自動車納税証明書(継続検査用)など一部の税証明等は除く)を請求される際は委任状が必要です。

■ 本人確認の方法

  
  身分証明書の提示


■ 身分証明書の種類


  1種類の提示で足りるものと2種類の提示が必要なものがありますので、ご注意ください。

(例)

1種類で良いもの(顔写真付

2種類必要なもの

・運転免許証

・運転経歴証明書

・住基カード(顔写真付)

・個人番号カード(通知カードは×)

・パスポート

・在留カード        

・身体障害者手帳・療育手帳

・その他官公署発行の身分証明書

・健康保険証 

・年金手帳または証書

・住基カード(顔写真なし)

・介護保険証

・後期高齢者医療保険証

・社員証(顔写真付)

・診察券(生年月日記載のもの)

・通帳・キャッシュカード      

 

お問い合わせ

税務課町民税係
電話:0538-85-6308