国民健康保険が改正されました

2015年7月16日

平成27年度の税制改正に伴い、森町国民健康保険税条例が改正され、低所得者に対する軽減の拡充と賦課限度額の引上げを行いました。


(1)軽減対象世帯の拡大

 

 国民健康保険税は、前年中の世帯の所得が基準額以下の場合は、国民健康保険税の均等割額と平等割額が所得に応じて7割・5割・2割軽減されています。今回の改正では軽減の基準となる所得が引き上げられ、軽減の対象となる世帯が拡大されます。

  改正前:軽減対象所得金額 改正後:軽減対象所得金額
5割軽減 33万円+24.5万円×被保険者数 33万円+26万円×被保険者数
2割軽減 33万円+ 45万円 ×被保険者数 33万円+47万円×被保険者数


 ※軽減対象所得とは世帯主を含む被保険者および特定同一世帯所属者数の総所得金額等の合計
 ※7割軽減の軽減対象所得金額は、従来通り33万円です。


(2)賦課限度額の見直し


 平成27年度課税分から、所得に応じた国民健康保険税の納付となるよう、賦課限度額が下記のとおり引き上げられます。

賦課区分  改正前 改正後
医療分 51万円 52万円
後期高齢者支援分 16万円 17万円
介護分  14万円 16万円

 

          
                  
         
                

 

関連記事

関連ワード

お問い合わせ

税務課町民税係
電話:0538-85-6308