町のプロフィール

2016年2月29日

森町の位置、町章町民憲章町の鳥町の花町の木を掲載しています。

町章

町章

ひらがなの「もり」を図案化したもので、もりの「も」は銛(もり)を形どっています。銛は石器時代、人間が最初に考えだし、生活の先駆をなしたものであり、文化の前進を意味するものであります。全体で飛躍と伸張、融和と団結を表わしています。


 このページの先頭へ

森町町民憲章( 昭和60年11月1日制定)

わたくしたちは、さわやかな太田川の流れと山の緑に囲まれた、 文化の香り高い「三木の里」の町民であることに誇りをもち、 活力と希望に満ちたまちをめざして、この憲章を定めます。

  • 郷土を愛し 恵まれた自然を大切にします
  • 仕事に誇りをもち 元気に働きます
  • 明るい家庭をつくり 健全な青少年を育てます
  • 互いに助け合い 心のふれあうまちをつくります
  • きまりを守り 安全で住みよいまちをつくります

 このページの先頭へ

町の鳥[カワセミ](平成7年11月1日制定)

カワセミ

ブッポウソウ目/カワセミ科の野鳥で、川や池などの水辺を好み小魚をダイビングして捕まえます。コバルト色とオレンジ色の対比が美しく、森町の美しい山や川など自然にふさわしい鳥です。カワセミは平野部の太田川、一宮川をはじめ、山間部の太田川上流部の吉川や三倉川まで広範囲に生息しています。


このページの先頭へ

町の花[ユリ](昭和50年11月1日制定)

ユリ

単子葉植物でユリ科の多年草。初夏から山合いそこかしこに清らかな白色とほのかな紅色の美しい花を咲かせて、その香りは人々の心をなごやかにしてくれます。自然に恵まれたわたしたちの町を象徴するにふさわしい花です。


このページの先頭へ

町の木[さざんか](昭和44年1月1日制定)

さざんか

つばき科の常緑樹、四季を通じてみどりを保っています。秋祭りのころから白・赤・桃色のかれんな花を咲かせ、そのほのかな香りが人の心を引きつけます。平和で緑豊かな森町にふさわしい木です。

 

 

 

 

森町の概要

標高 最高/941.0m 最低/15.4m
面積 133.91平方km
東西/13km 南北/24km
役場の位置 東経137度55分48秒
北緯 34度49分56秒
標高 43m60cm

 

 

 

 

 

このページの先頭へ

地図

静岡県森町

関連ワード