介護保険

2017年12月27日

介護保険制度

 

40歳以上の方は介護保険に加入し、65歳以上の方は第1号被保険者、40歳から64歳までの医療保険加入者は第2号被保険者となります。

町は、全ての第1号被保険者に対し介護保険被保険者証(ピンク色の保険証)を交付します。交付は65歳到達月の月末までに郵送等により行います。

第1号被保険者は、介護が必要になったときには原因を問わず、要介護(支援)認定等を経て介護保険サービスが利用できます。

第2号被保険者は、一定の疾病が原因で介護が必要になったときに限って、要介護(支援)認定等を経て介護保険サービスが利用できます。

 

特定疾病の選定基準の考え方(厚生労働省ホームページ)

 

 

介護保険の保険料

 

 65歳以上の方(第1号被保険者)の保険料

 

介護保険料は市町村ごとに額が異なり、所得状況等に応じ9段階に設定されています。

年額18万円以上の老齢・退職年金を受給されている方は保険料が年金から天引きされます.。

それ以外の方は役場から送られてくる納付書または口座振替により保険料を納めてください。

 

平成30年度の森町の介護保険料

所得段階 対 象 者

保険料額

(年額)

第1段階

生活保護受給者、老齢福祉年金受給者で、世帯全員が町民税非課税の方

世帯全員が町民税非課税で、課税年金収入+合計所得金額が80万円以下の方

41,100円

(※36,990円)

第2段階

世帯全員が町民税非課税で、課税年金収入+合計所得金額が80万円を超えて120万円以下の方

61,650円

第3段階

世帯全員が町民税非課税で、課税年金収入+合計所得金額が120万円を超える方

61,650円

第4段階

同じ世帯に町民税課税の方がいるが本人は町民税非課税で、課税年金収入+合計所得金額が80万円以下の方

73,980円

第5段階

同じ世帯に町民税課税の方がいるが本人は町民税非課税で、課税年金収入+合計所得金額が80万円を超える方

82,200円

第6段階

本人が町民税課税で、前年の合計所得金額が120万円未満の方

98,640円

第7段階

本人が町民税課税で、前年の合計所得金額が120万円以上200万円未満の方

106,860円

第8段階

本人が町民税課税で、前年の合計所得金額が200万円以上300万円未満の方

123,300円

第9段階

本人が町民税課税で、前年の合計所得金額が300万円以上の方

139,740円

 ※平成30年度は、第1段階の保険料について公費による軽減措置を実施しますので、保険料額は()内の金額となります。

 

40歳から64歳までの方(第2号被保険者)の保険料

 

加入している医療保険によって額が異なります。

国民健康保険に加入している方は国民健康保険税と同様に世帯ごとに計算され、世帯主が納めます。

社会保険に加入している方は医療保険料と合わせて給料から徴収されます。

 

 

介護保険のサービスを受けるには

 

介護サービスを利用するには、事前に介護認定の申請手続きをしてください。

1.申請場所

  森町役場保健福祉課 介護保険係 (森町保健福祉センター内)

2.持ち物

  ◇ 要介護・要支援認定 新規・更新申請書

  ◇ 介護保険利用者・家族等アンケート

  ◇ 65歳以上の方は、介護保険被保険者証 / 40~64歳の方は 健康保険証

 

  ※申請書と、利用者・家族等アンケート用紙は窓口にも用意してありますが、下記よりダウンロードできますのでご利用ください。

  要介護・要支援認定 新規・更新申請書.doc(37KB)

  要介護・要支援認定 区分変更申請書.doc(37KB)

  介護保険利用者・家族等アンケート.doc(21KB)

 

申請されますと、訪問調査結果と主治医意見書をもとに審査が行われます。

審査結果に基づき「非該当」「要支援1・2」「要介護1~5」までの区分に分けて認定し、原則として30日以内に結果を通知します。

要支援1・2の認定を受けた方は、介護予防サービスが受けられます。

町直営の地域包括支援センターで保健師等が中心となって介護予防サービス計画を作成します。

要介護1~5の認定を受けた方は、介護サービスが受けられます。

居宅介護支援事業所のケアマネジャーに介護サービス計画の作成を依頼してください。

  居宅介護支援事業所一覧(近隣抜粋).xlsx(17KB)

  居宅サービス計画作成依頼・変更届出書.doc(40KB)

  閲覧申請書兼誓約書.doc(24KB)

 

   

お問い合わせ

保健福祉課介護保険係
電話:0538-85-1800