熱中症を防ぐために

2016年8月1日

熱中症とは

私たちの体は、暑くなると末梢の血管を広げたり、汗をかいたりして体温を下げようとする調節機能が備わっています。しかしこの機能がうまく働かなくなると、体内に熱がこもり、やがてめまいや不快感、意識障害などの症状があらわれます。この症状が「熱中症」です。

 こんな症状があったら熱中症を疑いましょう

軽(1度) めまい、たちくらみ、大量の汗、筋肉痛

中(2度) 頭痛、吐き気、嘔吐、体がだるい、ぼんやりして力がはいらない

重(3度) 意識がない、けいれん、まっすぐ歩けない、呼びかけても返事がおかしい、体にさわると熱い

熱中症を予防ために

できるだけ高温多湿、炎天下での外出は控え、外出時は日陰を選んで歩きましょう。 また、室内では扇風機やクーラーを利用しましょう。

◆通気性がよく、吸汗・速乾性がある衣類を選び、涼しい服装をしましょう

◆こまめに水分補給をし、汗をかいたら塩分も補給しましょう。

◆急に暑くなる日や蒸し暑い日に注意しましょう

◆ちょっとでもおかしいと思ったら、我慢せずに医療機関に行きましょう

 
※ 詳しい内容については、下記ホームページを参考にしてください。

熱中症環境保健マニュアル、熱中症予防リーフレット・カード、暑さ指数(WBGT)予報ほか

環境省

熱中症予防情報サイト(別ウィンドウで開きます)

天気予報、気象情報、異常天候早期警戒情報ほか

気象庁

熱中症に注意(別ウィンドウで開きます) 異常天候早期警戒情報(別ウィンドウで開きます)

健康のために水を飲もう推進運動

厚生労働省

健康のために水を飲もう推進運動(別ウィンドウで開きます)

職場における熱中症予防対策

厚生労働省

職場における労働衛生対策(別ウィンドウで開きます)

全国における熱中症傷病者救急搬送に関する情報

消防庁

熱中症情報(別ウィンドウで開きます)

健康に関するお問い合せ

森町役場 保健福祉課 保健スタッフ
電話0538-85-6330
fukushi@town.morimachi.shizuoka.jp

お問い合わせ

保健福祉課保健スタッフ
電話:0538-85-6330