育児

2017年3月15日

乳幼児健診・予防接種の種類と接種時期・乳幼児健康相談・乳幼児医療費の助成・未熟児養育医療のことについて掲載しています。

健診や相談会の日程については、個別通知はしておりません。

「森町保健ガイド」にて日程をご確認の上、忘れずにご参加をお願いします。

「森町保健ガイド」は、3月15日号の回覧にて配布しています。ご家庭に届かない場合、紛失等でお手元にない場合は、保健福祉課窓口にてお渡しいたします。

 

  

↓ こちらからダウンロードできます 。

H29保健ガイド.pdf(849KB)

 

H29予防接種ご案内.pdf(406KB)

  

乳幼児健康診査

乳幼児健診は、病気の早期発見・身体発育・発達を確認するために大切なものです。お子さんの発達チェックに適した時期(4か月、10か月、1歳6か月、3歳)に定期的に受診しましょう。

4か月児健康診査、10か月児健康診査は、「保健のしおり」内の受診票を利用して期間内に、医療機関で受診してください。

1歳6か月健康診査、3歳児健康診査は、保健福祉センターにて実施します。対象日を「森町保健ガイド」にてご確認ください。

4か月児健康診査

対象となる方 おおむね4か月児(4か月から6か月未満)
内容 身体測定・問診及び内科健診・保健指導
持ち物 母子健康手帳・4か月児健康診査受診票(「保健のしおり」内)・健康保険証・こども医療費受給者証

 10か月児健康診査

対象となる方 おおむね10か月児(10か月から12か月未満)
内容 身体測定・問診及び内科健診・保健指導
持ち物 母子健康手帳・10か月児健康診査受診票(「保健のしおり」内)・健康保険証・こども医療費受給者証

 1歳6か月児健康診査(節目の健診です)

対象となる方 1歳6か月児
内容 身体計測・内科健診・歯科健診・歯科指導及びフッ素塗布・栄養指導・保健指導
− フッ素塗布を行います。 −
持ち物 母子健康手帳・歯科問診票・アンケート・歯ブラシ・口拭きタオル

 3歳児健康診査(幼児期最後の健診です)

対象となる方 3歳児
内容 身体計測・内科健診・歯科健診・歯科指導及びフッ素塗布・栄養指導・保健指導
尿検査・視力検査・聴力検査
− フッ素塗布を行います。 −
持ち物 母子健康手帳・歯科問診票・アンケート・歯ブラシ・口拭きタオル・尿(採尿容器は事前に郵送されます)

 

 

子どもの予防接種の種類と接種時期

子どもは病気にかかりやすく、かかると重くなることがありますが、予防接種で予防できる病気もあります。あなたの大切なお子さんがこれから受ける予防接種について、正しい知識を持って安全に受けることができるように、予防接種の必要性、効果及び副反応などを理解しましょう。

定期予防接種(法律で受けるよう努めることとされている予防接種)

 

      ↓ こちらからダウンロードできます。

  H29保健ガイド.pdf(849KB)

 

 

 

乳幼児健康相談

乳幼児の健康を守るために、下記の表のとおり健康相談を行っています。 保健師・栄養士が育児についての相談に応じ、必要な指導や助言を行っています。

6か月児相談(離乳食の実習があります)

対象となる方 6か月児
内容 身体計測・歯科指導・離乳食実習及び試食・保健指導
持ち物 母子健康手帳・アンケート・バスタオル・おんぶひも

 1歳児相談(歯みがき指導、栄養指導を行います)

対象となる方 1歳児
内容 身体計測・歯科指導・栄養指導・保健指導
持ち物 母子健康手帳・アンケート・歯科問診票・歯ブラシ・口拭きタオル

 2歳児相談(フッ素塗布を行います)

対象となる方 2歳児
内容 身体計測・歯科指導及びフッ素塗布・保健指導
持ち物 母子健康手帳・アンケート・歯科問診票・歯ブラシ・口拭きタオル

 2歳6か月児相談(フッ素塗布を行います)

対象となる方 2歳6か月児
内容 身体計測・歯科指導及びフッ素塗布・栄養指導・保健指導
持ち物 母子健康手帳・歯科問診票・歯ブラシ・口拭きタオル

 赤ちゃん健康相談(月齢は問いません)

対象となる方 生後12か月までの乳児
内容 身体測定・保健指導・必要時栄養指導
持ち物 母子健康手帳

 子ども相談

対象となる方 発達の段階で気になることがあるお子さん。
内容 心理判定員による個別相談
備考 予約制ですので保健スタッフまでご連絡ください。

 ことばの教室

対象となる方 発音不明瞭なお子さん
言語発達に遅れが見られるお子さん
吃音があるお子さん
内容 在宅言語療法士による言語指導
持ち物 特になし
備考 予約制ですので保健スタッフまでご連絡ください。

 

 

こども医療費の助成

   こども医療費助成制度とは、

      お子さんが、病気やけがなどで、医療機関に通院または入院したとき、医療費の一部を町が助成する制度で、保護者の経済的負担の軽減を

      図ることを目的としています。

    【対象者】

      森町に住所を有し、健康保険に加入している中学3年生までのお子さん

    【助成対象と自己負担額】

      ○助成対象:入院・通院にかかる保険診療分の自己負担額

            ただし、保険診療とならない費用は全額自己負担分となります。(健診費、予防接種料、薬の容器代、食事代、文書料等)

      ○自己負担額:入院   無料

              通院   乳幼児は、無料

                    小中学生は、1回500円(月のうち4回まで。5回目以後は無料)

                  ※ 500円未満の場合はその額

    【受給者証の使い方】

      ○県内の医療機関で使用できます。(歯科、接骨院も使用可)

      ○医療機関に受診するときは、必ず毎回、「森町こども医療費受給者証」と「健康保険証」を医療機関の窓口に提出してください。

      ○処方せんの発行により薬局でお薬を受け取る場合は、薬局での費用負担はありません。

     【各種申請について】

     (1)医療費の払い戻しを受ける場合

       以下の場合は、申請により払い戻しを受けることができます。但し、申請できる期間は、診療日または入院日から1年以内です。

      ○県外の医療機関で受診したときや受給者証を窓口に提示できなかった場合

       医療機関へ保険診療分の自己負担額をお支払いください。その後、次のものを持参し、払い戻しの申請をしてください。

         持ち物   認印、受給者証、保険診療分が確認出来る領収書(レシート不可)、お子さんの健康保険証、保護者名義の通帳

       ○育成医療・自立支援医療・特定医療費(指定難病)・小児慢性特定疾患・肝炎治療特別推進事業等の公費負担医療に該当した場合

       医療機関で支払った自己負担額について助成されます。次のものを持参し、助成の申請をしてください。        

           持ち物   認印、受給者証、お子さんの健康保険証、領収書(レシート不可)、保護者名義の通帳、

               公費負担医療を受けている証明書(受給者証・受診券等) 

     ○治療のための補装具、矯正用眼鏡等を作った場合

        自己負担分から保険給付の対象として支給された額を差し引いた額について助成します。

        (保険給付の限度額があるものについては、限度額を超えた部分は、自己負担となります)

        加入されている健康保険にて給付の手続きをしてから、次のものを持参し、助成の申請をしてください。

         持ち物   認印、受給者証、お子さんの健康保険証、保護者名義の通帳、装具装着証明や処方せん

              保険給付により支給された額のわかるもの(給付金支給決定通知書)、補装具部品の明細書と領収書のコピー    

      

    (2)その他必要な手続きについて

      ○お子さんの姓・保護者・住所・加入健康保険に変更があったとき

        受給者証・お子さんの保険証・認印をお持ちのうえ、保健福祉課窓口にて申請内容変更の手続きをしてください。

      ○受給者証を紛失・破損したとき

        お子さんの保険証・認印・受給者証(破損の場合)をお持ちのうえ、保健福祉課窓口にて再交付の申請をしてください。

    【その他】

      ○受給者証の返却について

       町外へ転出するとき、健康保険の資格がなくなったときは、受給者証は使用できませんので返却してください。

      ○転入された方について

       当年1月1日時点に町外に居住していた方は、その居住していた市区町村で発行される「所得証明書」が申請時に必要です。

     ○母子家庭等医療費助成金受給者の方について

       こども医療費助成制度が優先されるため、医療機関へ自己負担金をお支払いください。その後、次のものを持参し、

        保健福祉課窓口(厚生係)で払い戻しの手続きをしてください。

        持ち物  領収書・認印・母子家庭等医療費受給者証

 

       ↓ 申請書は、こちらからダウンロードできます。

   出生・転入など受給者証を発行する場合

     子ども医療費受給者証交付申請書.pdf(74KB)

   住所変更や保険証等登録している内容に変更がある場合

     子ども医療費受給者証再交付・変更申請書.pdf(80KB)

   県外での受診や受給者証を忘れたなど、医療機関に提示できず、保険診療分の自己負担額を支払った場合

     子ども医療費償還払申請書.pdf(39KB) 

 未熟児養育医療

   森町に住所がある乳児で、出生時の体重が2,000g以下または、医師により入院養育が必要と認められ、指定医療機関に入院した場合入院治療

   にかかる保険診療(おむつ代等は対象外)の費用の助成が受けられます。

   家族全員の所得税額に応じた自己負担金がありますが、こども医療費の対象となりますので、保健福祉課の窓口で申請することにより負担はあり

   ません。  

    申請に必要なもの

    (1) 養育医療意見書(医師が作成します。)

    (2) 申請者(保護者)の個人番号カード又は個人番号通知カードと身元確認書類(免許証、パスポート等)

    (2) 世帯員の個人番号  

    (3) お子さんの健康保険証(発行されてない場合は、扶養となる方の保険証)

    (4) 印鑑

    (5) 森町で所得が確認できない場合、前住所地での所得証明が必要になります。 

     ↓ 申請書は、こちらからダウンロードできます。

    養育医療申請書.pdf(90KB)

    養育医療世帯調書.pdf(53KB)    

    養育医療案内.pdf(141KB)    

    

<健康に関するお問い合せ>

 森町役場 保健福祉課 保健スタッフ
 電話 0538-85-6330
 fukushi@town.morimachi.shizuoka.jp

<国民健康保険に関するお問い合せ>

 森町役場 住民生活課 国保年金係
 電話 0538-85-6313
 jumin@town.morimachi.shizuoka.jp

地図